濃いめ の レモン サワー の 素。 www.cygnus.com:「レモンサワーの素」って便利ですよん!“濃いめ”もあります

濃いめのレモンサワーの素 Twitterフォロー&ツイートキャンペーン

濃いめ の レモン サワー の 素

サッポロホールディングス ~ユニークな熱烈夫婦が商品をPR~ サッポロホールディングス(株)のグループ会社であるサッポロビール(株)は、10月8日に発売する「濃いめのレモンサワーの素」のweb等での広告展開を同日より開始します。 「濃いめのレモンサワーの素」は、レモン果皮由来成分も含まれる、シチリア産の手摘みレモン果汁を使用した、レモンにこだわったお酒です。 居酒屋で楽しむレモンサワーがご家庭でもお好みの味わいでお楽しみいただけます。 今回、広告のイメージキャラクターとして「オー!マイキー」のキャラクターを起用し、主人公マイキーの両親、ジェームズ・フーコン 父 とバーバラ・フーコン 母 が登場し、商品の発売を盛り上げていきます。 〇広告展開内容 「夫婦円満の素」をキーワードに店頭で広告展開を行うとともに、首都圏20駅および近畿圏4駅におけるデジタルサイネージや、Youtube・GYAOといった動画配信サイトにおける広告展開を行います。 (10~11月) 〇「オー! マイキー」とは 2000年にテレビ東京で放送され人気を博したオムニバス映像作品「バミリオン・プレジャー・ナイト」のコーナー「フーコン・ファミリー」の新シリーズとして、2002年から断続的に制作されているマネキン・ショートドラマ。 アメリカから日本に引っ越してきたフーコン家を中心に、ブラックユーモアあふれる作風が根強い人気を誇っている。 (今回のイメージキャラクター フーコン夫妻について) ・ジェームズ・フーコン 父 :インターナショナル・スクールの3年生のマイキーの父。 アメリカから東京に転勤になったサラリーマン。 ママにぞっこんの40歳。 気楽ものと 言われるが、しっかり50年の住宅ローンも支払っている。 ・バーバラ・フーコン 母 :マイキーの母。 ドライな教育方針で子育てを楽しんでいる 34歳。 大恋愛の末にジェームズと結婚して、主婦業専念でフーコン家を仕切っている。 〇商品情報 1. 商品名 濃いめのレモンサワーの素 2. パッケージ 500mlびん 3. 品目 リキュール 4. 発売日・地域 2019年10月8日・全国 5. アルコール分 25% 6. 原材料名 レモン、ウォッカ、/酸味料、香料、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK、スクラロース) 7. 参考小売価格 650円(税抜) PR.

次の

【美味しいのはどっち!?】コンビニでよく見かける2つのレモンサワーの素を飲み比べてみた

濃いめ の レモン サワー の 素

ここ数年、お酒はビールと日本酒そしてレモンサワーしか飲んでいない。 (たまにも飲むけど) このルーンは外で飲むときも家で飲むときも一緒なのだが、個人的に業務用のレモンサワーはキリン系は酸っぱいだけで美味しくなく、系のタコハイとサッポロ系のレモンサワー(多分、氷彩か)は酸味と甘みのバランスが良く旨いと思っている。 なおアサヒ系だと樽ハイ倶楽部が業務用になるが、こちらはキリンよりは美味しいが、やサッポロよりは甘みや風味が足りないと感じている。 そのため、居酒屋に行く時もサッポロかが置いてあるお店を調べていくようにしている。 サッポロがメインのお店は大体サワーもサッポロ系に統一されているからだ。 では家呑みの場合はどうしているかと言うと、を買うこともあるが、大体はレモンサワーの素と炭酸水を買って自分でレモンサワーを作っている。 炭酸水の量でアルコール濃度の調整が出来るので、自分好みのレモンサワーが飲めるのがレモンサワーを自分で作る醍醐味だ。 最初はキリンの「 」を使っていたが、業務用と同様に酸っぱすぎて自分の味覚には合わず…。 ただ他のメーカーのリキュールも同様だったので仕方なく缶の「 」を愛用していた。 だがその後、から「 」が販売された。 こちらは消費者にも受けたようで最近では としても販売されている。 個人的にはキリンのレモンサワーの素よりはレモンの風味はあるが依然として酸味が強く、の業務用であるタコハイやサッポロのレモンサワー、またはの氷結レモンの方が旨いと思っていた。 なら各メーカーから旨いレモンサワーが発売されているのだが、リキュールはこだわり酒場のレモンサワーの素で我慢かなと思っていた矢先、スーパーで買いもをしているとサッポロからレモンサワーの素が発売されているのを発見。 そもそもサッポロは家庭用の商品ではビールは販売していたが、サワー類はキリンやとは異なり積極的に販売をしてこなかった。 だが最近ようやく家庭用の商品としての「 」や「 」を発売してきたが、いずれも酸味やキレが特徴となっており、甘みと酸味のバランスが良い「サッポロの業務用のレモンサワー」にはまだ届かない状態だった(個人的にはだけど)。 そんな時にサッポロから家庭用である「 」が発売されていたので、今度こそ業務用と同じ風味が味わえることを期待して購入してみることに。 今回は新発売のプロモーションで炭酸水とセットが598円で販売されていたのでそちらを購入。 メーカーおススメは「リキュール1:炭酸水:3」の割合(アルコール6%)になる飲み方だが、個人的には「1:4」が好き。 自分オリジナル(と言っても普通の割り方だけど)で呑んでみると、「こだわり酒場」よりもほのかに甘みやレモンの風味が感じられ、酸味も立ちすぎておらず全体的なバランスが良い味わい。 割り方にもよるのだろうが、ようやく家庭用でも旨いレモンサワーの素が出て来てくれた。 値段もキリンやと同量(500ml)で同価格帯(600円前後)なので、手が出しやすいのも魅力的だ。 そう思って を眺めていたら、サッポロ系の飲食店で見掛ける「 」が市販されていることを発見。 とはの名産のお酒で度数が30%以上で、甘みと酸味と苦味のバランスが良いレモンリキュール。 サッポロが商品化しているは度数が24度に抑えられているがイタリア産に近いテイストになっている。 しかし720mlで1,000円越えなのでちょっと単価が高いのが厳しい… でも業務用のレモンサワーが家でも飲めるなら、お店で飲むよりも断然安いからちょっと高いもありかなと思う。 いずれにしてもサッポロから発売されているレモンサワーの素が個人的には好きなリキュール。 サッポロ系が好きな人は一度試してみて欲しいと思う。 新発売のレモンサワーの素 サッポロおススメの割り方 原材料 ほかのメーカーと変わらない内容だけど…何故か風味が違う。

次の

濃いめのレモンサワーの素|楽天西友ネットスーパー

濃いめ の レモン サワー の 素

なんと、 Amazonのリキュール部門ではベストセラー1位!Twitterでのレサワ晩酌報告に登場することも多くなってきました。 そんな注目の「濃いめのレモンサワー」を今回はレビューします! サッポロ 「濃いめのレモンサワーの素」と サッポロから登場した 「濃いめのレモンサワーの素」。 ポッカサッポロこだわりの、シチリア産手摘みレモン果汁を使用したリキュールです。 ソーダで割るだけで、本格レモンサワーが自宅で手軽に作れる商品。 爽快感あふれる香りとフルーティーな酸味が楽しめます。 25度のアルコールを好きな比率で割ることができるので、度数の調整が可能。 缶チューハイではできない、「レモンサワーの素」ならではの嬉しいポイントです。 ベースはかなり甘いレモン味のリキュール。 辛口レモンサワーを求める方は、薄めに作ると料理と合わせてもおいしく飲めます。 ただ、この甘さが砂糖由来ではなく、スクラロース、アセスルファムといった人工甘味料由来なのが少し気になります。 甘さの中に甘味料特有のクセがあるので苦手な人にはあまりおすすめできないかも。 キュッとしたレモンそのままのフルーティーな酸味が味わえるのが強みです。 たれが甘いので、レモンサワーは さっぱりめに、アルコールも軽い飲み方でいただきました。 レモン果汁のフレッシュさがしっかり感じられます。 さわやかな風味が、焼き鳥の味を邪魔せず、ごくごく飲めるレモンサワーです。 噛んだ瞬間じゅわっと広がる鶏皮の油としょっぱさが、濃ゆいレモンサワーとよく合います。 レモンの酸味も甘みもしっかりあるので、 「味の濃い」満足感のあるレモンサワーです。 こちらの方が甘味料特有のクセが感じづらいです。 私は濃いめで作るのをおすすめします。 「甘めで味の濃いレモンサワー」としては美味しい。 グビグビ飲めてしまうので注意が必要です! ソーダで割るだけで、手軽に生絞りのようなフレッシュ感あふれるレモンサワーが飲めるのは、レサワ好きにとってはたまらないのではないでしょうか。 リモート飲みで自宅で飲む機会が増えている今、缶を都度買いに行くよりも、こうした「素」とソーダをストックしておくのがコスパ的にもいいのかも。 甘味料がメインなのが気になるところなので、お砂糖由来の甘さのレモンサワーや、果汁とリキュールだけの素が、早く登場してほしいと思っています。 宅飲みの流れもあり、これからは 「レモンサワーの素」市場がさらに盛り上がりを見せそうです。

次の