エニタイム マシン メーカー。 エニタイム江坂店は広くて最新マシンがいっぱいだった!

【24時間フィットネスジム】7社比較とそれぞれのメリット・デメリット

エニタイム マシン メーカー

エニタイムフィットネスとは? エニタイムフィットネスは 24時間年中無休のフィットネスジムです。 既存のジムと違い、トレーナーによる指導などのサービスがない分より安価な値段で通うことができます。 有酸素系のマシンもあるのですが、 フリーウエイトやマシントレーニングが主なトレーニング機材で、ある程度トレーニングに対する知識がある方が使用することが想定されています。 今でこそ24時間対応のジムは何種類もありますが、日本に24時間無休のジムという形を最初に持ち込んだのはエニタイムフィットネスだと思います。 エニタイムに通い始めたきっかけ 僕がエニタイムフィットネスに通い始めたきっかけは大学のジムが 工事で利用できなくなったことで使用できるジムが近くに無くなったことです。 それ以前にも大学のジムは土日が16時半で閉まったり、長期休暇中はそもそも開いてなかったりと色々と不都合な点を感じていました。 ただスクワットとベンチプレス、そしてデッドリフトが問題なくできて無料で使用できるのでそれ以外の点ではトレーニングには適しているジムだと思います。 半年間使用した感想 半年間使用したとあるのですが、実は一度辞めてもう一度入り直しています。 理由はドイツに留学する際、現地にはエニタイムフィットネスがないので所属していてもお金が無駄になるからです。 以下エニタイム フィットネスがある国一覧です。 北米中南米|||ヨーロッパ||||||オセアニア|中東|アジア||||||||| ヨーロッパではドイツの名前はなぜかありません。 前回の利用期間と現在また日本に帰国してからの利用期間でちょうど半年になります。 利用した中で感じたメリットとデメリットを書いていきます。 ジムに行こうとする際、行く先のジムが営業日なのか、営業時間帯なのか、いちいち調べる必要がないので、思い立った時に行けるのが良いです。 トレーニングを続けるためには 「トレーニングへの導線」を短くしていくことが大事なので、 こういった小さなとっかかりを無くしていくことが継続的に筋トレを続けていく上では大事になってきます。 (宮城県で恐らく唯一40kgのダンベルがある店舗の紹介動画です。 ) 僕のようにパワーリフティングを行なっている人はラックの占領時間が長くなる傾向にあるのでパワーリフティング用の練習をしたい時は少し遠出してでも、 ラックの数が多いジムにいきます。 普段通っている広瀬通り店はラックが1つしか無いので制限時間20分の中でメニューを終わらす必要がありますが、 ラックが4つ以上あるジムだと満杯にならない限り使用し続けても良いので、 時間を気にせず伸び伸びトレーニングできます。 もちろん旅行した際など、 その土地でトレーニングが気兼ねなくできるのも、全店舗利用のメリットです。 なので どの店舗に行っても基本的なフリーウエイトトレーニングは可能だと思います。 市営のジムの中にはフリーウエイトは難易度が高い(とされている)理由からマシンと有酸素しかないジムも少なく無いのでこれは非常に嬉しい仕様です。 実際トレーニングで最も効果的に筋肉量を増やせるのはフリーウエイトなので、フリーウエイトを優先的に置くべきだと考えています。 (個人の感想) さらに意外にもBIG3という(スクワット、ベンチプレス 、デッドリフト)パワーリフティングには欠かすことのできないトレーニングにおける3種の神器をエニタイムでは行えます。 Youtuberにとって良いというだけではなく、リフターの中にはフォームを確認するために重要なセットでは自身のフォームを撮影し、後からそれを見直して改善する方が多く見られます。 そうした方達にとって撮影が許可されているということは、練習の質を高める上では非常に大事な要素となってきます。 他の地域では普通に設置されてあるらしいのでもしかした僕の住んでいる宮城県の店舗の特徴なのかもしれません。 トレーニング中に僕は水分を2リットル以上飲むので流石に毎度2リットルの水を用意するのは億劫なので、ウォーターサーバーがあると便利なのですが、無いので家から用意するため毎回荷物が重くなります。 ベンチプレスはスクワットラックで行うので、セーフティーやラックの高さ調整がかなり難しく、人によってはバーベルを下ろすと セーフティにどうしてもぶつかってしまうということも起こります。 ベンチ台も基本的にアジャスタブルベンチなので、お尻がちょうど接合部分にあたるので、お尻が台につかず浮いてしまったりします。 これはパワーリフティングのルール上アウトなので非常にストレスが溜まります。 デットリフトも可能なのですが、エニタイム のプレート自体の直径が小さく、普通にデッドリフトやるだけで若干Deficit Deadlidt 普通の床引きよりも距離を出すデッドリフト になってしまうので、 正しくデッドリフトの強さを測る際には エニタイムフィットネスはあまりオススメできません。 BIG3の中で唯一スクワットはストレスなく行えるので、エニタイムに行くとなぜかスクワットばかりやってしまいます (パワーリフターあるある) まとめ 以上、エニタイムフィットネスに半年間通った感想についてでした! 今までゴールドジムや市営のジムなど10個以上のジムを利用してきたのですが、 やはり 月額制のジムの方が行く際にお金をいちいち払う手間がなくなるので継続にはベターかなと思います。 その中でもエニタイムフィットネスは 月額7240円(税込)とかなり安価な値段で通えて、かつ 家の近くにあることが多い(宮城県だけでも7店舗ある)ので、日々利用する楽さを考えるとトレーニング続ける上では非常に大事な点 (価格、近さ)を満たしていると言えます。 トレーニングに関する知識がほとんど人口に膾炙されていなかった昔とは異なり、今はYoutubeでもブログでもトレーニングに関する様々な知識をインターネット上で学ぶことができます。 以下、初心者が見るべきオススメ筋トレ動画。 本よりも動画で見た方が視覚的にわかるのでトレーニングを学ぶには適しています。 基本的なトレーニングメニューであるBIG3のやり方が丁寧にまとめられています。 とりあえず筋トレ始めたての方はこの動画を3回くらいずつ見てこの3種目をある程度行えるようになるまで練習するのが筋肉発達の近道だと思います。 マシンは簡単ですが正直あまり発達には向いてません。 有酸素は筋肉を落とすので筋肉をつけることを目的として有酸素運動をしている方はウエイトトレーニングに切り替えましょう。 脂肪燃焼には良いと思います。 東北の地で、自由とは何かを考えながら筋トレと食事と睡眠の日々を送る大学生です。 筋肉留学・筋肉浪人・筋肉留年の全てを経験。 趣味は「パワーリフティング」で、筋トレを通じて心と身体を強くすれば、日本に挑戦する人が増え、最終的に挑戦に優しい素敵な社会になると本気で思っています。 普段はブログやYoutubeを通して「パワーリフティング」や「筋トレ」の布教活動しています。 大会公式記録 ・スクワット210kg ・ベンチプレス 150kg ・デッドリフト240kg Total:600kg 2017 全国大会 93kg jr 5位 2018 全国大会 93kg jr 4位 2019 宮城県春季パワーリフティング大会2位.

次の

ホームジム用マシンオススメ5選!これでジムに行く必要もなし!?

エニタイム マシン メーカー

エニタイムフィットネスとは? エニタイムフィットネスは 24時間年中無休のフィットネスジムです。 既存のジムと違い、トレーナーによる指導などのサービスがない分より安価な値段で通うことができます。 有酸素系のマシンもあるのですが、 フリーウエイトやマシントレーニングが主なトレーニング機材で、ある程度トレーニングに対する知識がある方が使用することが想定されています。 今でこそ24時間対応のジムは何種類もありますが、日本に24時間無休のジムという形を最初に持ち込んだのはエニタイムフィットネスだと思います。 エニタイムに通い始めたきっかけ 僕がエニタイムフィットネスに通い始めたきっかけは大学のジムが 工事で利用できなくなったことで使用できるジムが近くに無くなったことです。 それ以前にも大学のジムは土日が16時半で閉まったり、長期休暇中はそもそも開いてなかったりと色々と不都合な点を感じていました。 ただスクワットとベンチプレス、そしてデッドリフトが問題なくできて無料で使用できるのでそれ以外の点ではトレーニングには適しているジムだと思います。 半年間使用した感想 半年間使用したとあるのですが、実は一度辞めてもう一度入り直しています。 理由はドイツに留学する際、現地にはエニタイムフィットネスがないので所属していてもお金が無駄になるからです。 以下エニタイム フィットネスがある国一覧です。 北米中南米|||ヨーロッパ||||||オセアニア|中東|アジア||||||||| ヨーロッパではドイツの名前はなぜかありません。 前回の利用期間と現在また日本に帰国してからの利用期間でちょうど半年になります。 利用した中で感じたメリットとデメリットを書いていきます。 ジムに行こうとする際、行く先のジムが営業日なのか、営業時間帯なのか、いちいち調べる必要がないので、思い立った時に行けるのが良いです。 トレーニングを続けるためには 「トレーニングへの導線」を短くしていくことが大事なので、 こういった小さなとっかかりを無くしていくことが継続的に筋トレを続けていく上では大事になってきます。 (宮城県で恐らく唯一40kgのダンベルがある店舗の紹介動画です。 ) 僕のようにパワーリフティングを行なっている人はラックの占領時間が長くなる傾向にあるのでパワーリフティング用の練習をしたい時は少し遠出してでも、 ラックの数が多いジムにいきます。 普段通っている広瀬通り店はラックが1つしか無いので制限時間20分の中でメニューを終わらす必要がありますが、 ラックが4つ以上あるジムだと満杯にならない限り使用し続けても良いので、 時間を気にせず伸び伸びトレーニングできます。 もちろん旅行した際など、 その土地でトレーニングが気兼ねなくできるのも、全店舗利用のメリットです。 なので どの店舗に行っても基本的なフリーウエイトトレーニングは可能だと思います。 市営のジムの中にはフリーウエイトは難易度が高い(とされている)理由からマシンと有酸素しかないジムも少なく無いのでこれは非常に嬉しい仕様です。 実際トレーニングで最も効果的に筋肉量を増やせるのはフリーウエイトなので、フリーウエイトを優先的に置くべきだと考えています。 (個人の感想) さらに意外にもBIG3という(スクワット、ベンチプレス 、デッドリフト)パワーリフティングには欠かすことのできないトレーニングにおける3種の神器をエニタイムでは行えます。 Youtuberにとって良いというだけではなく、リフターの中にはフォームを確認するために重要なセットでは自身のフォームを撮影し、後からそれを見直して改善する方が多く見られます。 そうした方達にとって撮影が許可されているということは、練習の質を高める上では非常に大事な要素となってきます。 他の地域では普通に設置されてあるらしいのでもしかした僕の住んでいる宮城県の店舗の特徴なのかもしれません。 トレーニング中に僕は水分を2リットル以上飲むので流石に毎度2リットルの水を用意するのは億劫なので、ウォーターサーバーがあると便利なのですが、無いので家から用意するため毎回荷物が重くなります。 ベンチプレスはスクワットラックで行うので、セーフティーやラックの高さ調整がかなり難しく、人によってはバーベルを下ろすと セーフティにどうしてもぶつかってしまうということも起こります。 ベンチ台も基本的にアジャスタブルベンチなので、お尻がちょうど接合部分にあたるので、お尻が台につかず浮いてしまったりします。 これはパワーリフティングのルール上アウトなので非常にストレスが溜まります。 デットリフトも可能なのですが、エニタイム のプレート自体の直径が小さく、普通にデッドリフトやるだけで若干Deficit Deadlidt 普通の床引きよりも距離を出すデッドリフト になってしまうので、 正しくデッドリフトの強さを測る際には エニタイムフィットネスはあまりオススメできません。 BIG3の中で唯一スクワットはストレスなく行えるので、エニタイムに行くとなぜかスクワットばかりやってしまいます (パワーリフターあるある) まとめ 以上、エニタイムフィットネスに半年間通った感想についてでした! 今までゴールドジムや市営のジムなど10個以上のジムを利用してきたのですが、 やはり 月額制のジムの方が行く際にお金をいちいち払う手間がなくなるので継続にはベターかなと思います。 その中でもエニタイムフィットネスは 月額7240円(税込)とかなり安価な値段で通えて、かつ 家の近くにあることが多い(宮城県だけでも7店舗ある)ので、日々利用する楽さを考えるとトレーニング続ける上では非常に大事な点 (価格、近さ)を満たしていると言えます。 トレーニングに関する知識がほとんど人口に膾炙されていなかった昔とは異なり、今はYoutubeでもブログでもトレーニングに関する様々な知識をインターネット上で学ぶことができます。 以下、初心者が見るべきオススメ筋トレ動画。 本よりも動画で見た方が視覚的にわかるのでトレーニングを学ぶには適しています。 基本的なトレーニングメニューであるBIG3のやり方が丁寧にまとめられています。 とりあえず筋トレ始めたての方はこの動画を3回くらいずつ見てこの3種目をある程度行えるようになるまで練習するのが筋肉発達の近道だと思います。 マシンは簡単ですが正直あまり発達には向いてません。 有酸素は筋肉を落とすので筋肉をつけることを目的として有酸素運動をしている方はウエイトトレーニングに切り替えましょう。 脂肪燃焼には良いと思います。 東北の地で、自由とは何かを考えながら筋トレと食事と睡眠の日々を送る大学生です。 筋肉留学・筋肉浪人・筋肉留年の全てを経験。 趣味は「パワーリフティング」で、筋トレを通じて心と身体を強くすれば、日本に挑戦する人が増え、最終的に挑戦に優しい素敵な社会になると本気で思っています。 普段はブログやYoutubeを通して「パワーリフティング」や「筋トレ」の布教活動しています。 大会公式記録 ・スクワット210kg ・ベンチプレス 150kg ・デッドリフト240kg Total:600kg 2017 全国大会 93kg jr 5位 2018 全国大会 93kg jr 4位 2019 宮城県春季パワーリフティング大会2位.

次の

エニタイムフィットネスのマシンとその使い方|Time Hacker

エニタイム マシン メーカー

fis大阪・専属パーソナルトレーナー• 伊藤真顕(いとう・まさたか)• 旅行先でもトレーニング指導• NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会・パーソナルフィットネストレーナー認定)、NESTA Weight Management Specialist。 旅行好きで世界一周をした際のフェリーの中でも乗客に無料でパーソナルトレーニングをするほどパーソナルトレーナーの仕事を天職と感じている。 fis大阪は、大阪府で6店舗を展開するパーソナルトレーニングジムです。 カウンセリングやパーソナルトレーニングを行う専任トレーナーはみなトレーナー資格の保持者。 今回はそのなかから、伊藤真顕さんに記事を監修していただきました。 ジムのマシンで効果的に筋トレしよう! この前ケッケ と合トレした両国エニタイム凄かったお…マシンの数がゴールドジム並み。 ダンベル70kgくらいまである。 エニタイム最高峰!! — 膝の靭帯のび太君 ダイエット筋トレ yousannnn ジムに通うのであれば、ぜひトレーニングマシンを有効活用しましょう。 自宅でできるトレーニングよりも効果的に負荷をかけられるため、トレーニングの効率が非常に高いです。 ジムと同じトレーニングマシンを購入すれば、自宅でも同じ効果を得られますが、トレーニングマシンは非常に高価で数十万円するものが多いです。 せっかくジムに通ってトレーニングするのであれば、 ジムでしかできない効果的なトレーニングを行うのが良いでしょう。 トレーニングマシンを有効活用すれば、運動不足の解消だけでなく、筋肉をつけたりダイエットをしたりできます。 トレーニングマシンのメリットとは? これからジムでトレーニングしようか検討している人は、トレーニングマシンにはどのようなメリットが押さえておきましょう。 トレーニングマシンのメリットをしっかりと把握しておけば、トレーニングの目的や効果を認識しやすくなり、結果を出しやすくなるだけでなく、モチベーションも高めやすいです。 初心者でも扱いやすい トレーニングマシンの良いところは、 初心者でも簡単に使えることです。 ウエイトピンで軽い重さから選ぶことができ、 自分に合った負荷をかけやすいです。 正しいフォームや使い方を覚えれば、自宅でトレーニングするよりもトレーニング効果を得やすくなります。 フリーウエイトよりも安全 高重量を扱うときは、バーベルやダンベルを使ったフリーウエイトの方が、マシンより大きな刺激を与えられます。 しかし、フリーウエイトでトレーニングは、補助がつかないと危険です。 例えば、ベンチプレスで限界に挑戦しようとして、挙げられなければ下敷きになってしまいます。 また、フォームが悪いとトレーニングの効果が得にくくなるだけでなく、 怪我をする危険性もあります。 その点、トレーニングマシンは軽い負荷から大きい負荷までウエイトに挿すピンを変えるだけで、 簡単に調整できます。 トレーニングマシンの使い方に沿って利用すれば、ウエイトの下敷きになることもなく、怪我もしにくいです。 マシンの種類が多く全身を鍛えられる 利用するジムの施設充実度によっても変わりますが、10種類以上のマシンを設置しているスポーツジムが多いです。 そのため、 全身をまんべんなく鍛えることができるでしょう。 自宅でトレーニングする場合でも、工夫次第で複数の種目のトレーニングをできますが、トレーニングマシンを使った方が、効果的な負荷をかけることができます。 基本的にトレーニングマシンには種類によって効果がある部位が異なります。 上半身や下半身を曜日ごとにわけてトレーニングすれば、筋肉痛になっても他の部位を効果的に鍛えられます。 ジムのマシンの種類と使い方 では、スポーツジムにはどのようなトレーニングマシンがあり、どのように使うのか紹介していきます。 チェストプレス 基本は大きい筋肉(胸、背中、足など)から小さい筋肉(お腹、腕、ふくらはぎなど)の順番で行うのがおすすめです。 先に小さい筋肉からトレーニングをすると大きな筋肉を使う前に体力低下や筋肉が疲労してしまうことで正しいフォームで行えなくなり、鍛えたい部位にうまく効かせられなくなってしまいます。 10回から20回できる重さで3セット行う ジムの初心者がトレーニングする場合、マシンの使い方をマスターしたら 10回から20回できる重さに設定しましょう。 このように最初は軽い重さで徐々に重さを増やし、回数を減らしていきます。 おすすめは10回3セットでトレーニングを継続し、楽になってきたら回数はそのままで重量を少しずつ増やしていく方法です。 どの種目でも3セット行うと、トレーニングに動員される筋線維の割合が高くなり、筋線維全体に刺激を与えられます。 栄養と睡眠をしっかり取る マシンを使ったトレーニングで効果を高めるためには、体に負荷をかけるだけでなく、しっかりと体を作るための栄養を摂り、回復させるようにしなければなりません。 筋肉はたんぱく質でできており、トレーニングした後は筋線維が壊れているため、 材料となるたんぱく質を多く摂取しましょう。 トレーニング後は体を回復させるために成長ホルモンが多く分泌されているため、なるべく30分以内にプロテインなどで栄養を補給するのが理想です。 また、栄養と同様に睡眠も大切です。 基本的に肉体が回復し再構築されるのは睡眠時であるため、トレーニングをした日はよく寝るようにしてください。 特にトレーニングを始めたばかりの初心者は、トレーニングによるダメージを大きく受けているため、なるべく多くたんぱく質と睡眠を取るようにしましょう。 ジムのマシンを使うときのマナー スポーツジムは自宅ではありません。 そのため、他の利用者のことも考えてマナーを守って使う使う必要があります。 ここからはジムでマシンを使うときの代表的なマナーを紹介していきます。 占領しない よくあるマナー違反は、マシンを一人で占領してしまうことです。 自分が使っている間は他の利用者は順番待ちになるため、 周囲を意識して使うことも大切です。 利用する施設によってはルールが決まっていることもありますが、目安としては1つのマシンにつき長くても10分はかからないようにしましょう。 スマホをいじらない マシントレーニングをしているときは、スマートフォンの操作は控えましょう。 危険なだけでなく、そのマシンを使いたい他の利用者からすると気分が良いものではありません。 実際にトレーニング間の休憩でスマートフォンを操作する人が多いですが、 休憩が長くなり過ぎることも多いため、なるべく操作しないようにすることが無難です。 大きな音を立てない 初心者だけでなく、高重量を扱えるようになってきた人に多いのが、ウエイトを勢い良くもとに戻すことです。 ウエイトは金属でできているため、勢い良く元の位置に戻せば、とても大きな音がなります。 このように雑にマシンを扱うと消耗が激しくなり、 故障しやすくなるため止めましょう。 周囲の迷惑になるだけでなく、施設にとって大きな負担になりやすいです。 また、大きな音を立てないように、ゆっくりウエイトの位置を戻すことも、筋肉に刺激を与えるため、トレーニングの一環だと思って音がならないようにすると良いでしょう。 綺麗に使う 運動していると汗が出るため、使用したトレーニングマシンには汗が付着します。 大抵のスポーツジムには、汗拭きようのタオルやアルコールスプレーがあります。 自分が使用した後は必ず、アルコールスプレーなどを使って 汗を拭き取るようにしてください。 スポーツジムは自宅ではないため、他の利用者のことも考えて清潔に使うようにしなければなりません。 まとめ スポーツジムには複数のトレーニングマシンが設置されているため、自分の目的にあわせてマシンを有効活用しましょう。 初めてジムに行く方は、マシンの使い方も分からないので、スタッフの人に使い方を教わったり、どのようなトレーニングが良いか相談してください。 また、トレーニングの効果は栄養や睡眠とも大きく関わっているため、普段の生活も意識することが大切です。 トレーニングをする最低限の知識をつけて、効率良く体を鍛えましょう。

次の