斎藤 道 三 の 子供。 斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅

土岐頼芸とは?斎藤道三に家を乗っ取られるも見事な「鷹の図」描いた美濃の守護

斎藤 道 三 の 子供

斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)の関係を家系図から解説! 斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)は親子の関係? 上記の家系図からわかるとおり、斎藤道三と斎藤 義龍 よしたつは親子の関係にあります。 ただ、斎藤義龍は実は斎藤道三の子供ではなく、美濃の守護大名で斎藤家の主君である 土岐頼芸 ときよりのりと 深芳野 みよしの との間の子供であったという噂があります。 これについては証拠がなく、本当かどうかははっきりとしていません。 ただ、道三は義龍のことをあまり良く思っていない様子で、龍重や他の弟の方を可愛がっていたようで、この噂は本当だったと信じられているのも不思議ではありませんでした。 なお、道三には義龍以外にも数多くの子供がいます。 上記の家系図にある龍重(孫四郎)は義龍の弟にあたり、正室のお見の方を母とする異母兄弟だったとされています。 しかし、道三の子供の出生については不確かで、龍重の母は深芳野だったという意見もあります。 斎藤義龍(高政)と織田信長は義理の兄弟の関係:二人の仲は悪かった? 斎藤道三はもともとは織田信秀と対立関係にありましたが、和睦して同盟関係を結ぶ為、娘の帰蝶を織田信長の妻として嫁がせました。 つまり織田信長は斎藤道三にとって義理の息子になったわけですが、道三は初めて会った時から信長のことを高く評価していたようです。 その初めての会見のエピソードは語り草になっていて、信長が登場するドラマではその様子が度々描かれています。 しかし、道三が信長を高く評価すればするほど斎藤義龍は不満を募らせ、その矛先は織田信長に向いていったようです。 斎藤道三(利政)と息子の斎藤義龍(高政)の関係が悪化し「長良川の戦い」に至った理由を解説! 斎藤道三と息子の義龍の親子の関係は次第に溝ができ悪化していったようです。 それはやがて親子で争う合戦の引き金になるのですが、なぜそこまで関係が悪化してしまったのか?考えられる要因を解説していきます。 斎藤道三(利政)が義理の息子・織田信長を高く評価するようになったから 先程ご紹介したように、道三は信長との会見のあと、その人間性に惚れ込み高く評価するようになりました。 身近に稀代の戦国武将である織田信長が存在し、道三自身も商人からのし上がり「美濃のマムシ」とまで呼ばれる存在であり、こうした戦国時代の傑物と比較すると、義龍はどうしても見劣りしてしまったに違いありません。 そしてやがては「義龍はできそこない」といったイメージを抱いてしまったのではないでしょうか。 実際に、天文22年(1553年)4月の斎藤道三と織田信長の会見以後は、息子の義龍を冷遇するようになっていったようです。 斎藤道三(利政)は義龍(高政)より弟の龍重(孫四郎)に家督を譲ろうとしたから 斎藤道三は、かねてから長男である義龍よりも弟の龍重や他の弟たちを可愛がっていたようで、それを感じていた龍重たち弟も長男の義龍を軽んじる態度をとっていたそうです。 さらに、お伝えしたように織田信長との会見以降、道三はさらに義龍を冷遇するようになり、 天文23年(1554年)には龍重を重要な地位に任命し、家督を義龍ではなく龍重に譲ろうという意図がはっきりとわかるようになります。 こうした道三の態度に義龍は不満を募らせていったわけですね。 斎藤義龍(高政)が実の息子ではないという事に真実味を帯びたから かねてから父・道三が自分よりも弟たちの方を可愛がっていたことに不満を覚えていた義龍は、家臣の日根野弘就や長井道利に相談しました。 すると二人の口から出た言葉は「それもそのはず。 貴方様は道三公の実の子供ではなく、奥方の深芳野様と土岐頼芸公の子供なのですから」という内容のものでした。 これを聞いた義龍は、驚きとともに道三の仕打ちに対して怒りがこみ上げてきました。 このことをきっかけに、義龍は道三を殺害しようと心に決めたのです。 もしかすると、義龍と同じように道三を憎く思っていた家臣達が義龍を奮起させる為の作り話だった可能性もあります。 ただ、そう信じられても不思議ではないほど、道三と義龍の仲は悪かったということですね。 斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)親子の「長良川の戦い」と明智光秀や織田信長の動向を解説! 父・道三に対して怒りの感情が抑えられなくなった義龍は、ついに道三殺害に乗り出します。 そしてそれは美濃の長良川を舞台にした戦へと発展していくのです。 斎藤義龍が弟の龍重(孫四郎)と龍定(喜平次)を殺害する 義龍は、まずはじめに道三から寵愛され家督を譲られた弟の龍重と龍定を殺害することにします。 弘治元年(1555年)の秋、義龍は病気になったと偽って居間にこもるようになります。 そして長井道利(出生の秘密を打ち明けた家臣)を弟の龍重と龍定のもとに遣わし、別れのあいさつの為と称して呼び出しました。 何も知らない二人の弟は義龍のもとにやってくると、待ち伏せしていた日根野弘就(もうひとりの家臣)が二人を斬り殺しました。 対立関係にあった弟たちに不審に思われないよう、病と偽っていたことからもわかるように、義龍は着々と計画を練っていたことが伺えます。 父・斎藤道三(利政)と長良川にて対峙し、最後は道三を打ち取る 二人の弟を殺害した義龍は、そのことを父・道三に知らせたといいます。 それを聞いた道三は驚き慌てて大桑城(おおがじょう)に逃げ込み一時は膠着状態で年を越しますが、翌年(1556年)の春頃から情勢は緊迫し、ついに道三と義龍の親子による合戦が始まったのです。 お互いに兵を集めますが、事前に根回しをしていた義龍が約17,500人の兵を集めたのに対し、道三は約2,700人の兵しか集まらなかったといいます。 道三軍は最初のうちこそ持ち堪えていたものの、兵数の差を埋めることはできず、ついに道三のいる場所まで義龍軍が攻めこんできました。 すると義龍軍の兵は競い合うようにして道三に襲いかかり、最後は無残にも首を落とされてしまいました。 かつては「美濃のマムシ」と怖れられた斎藤道三も、そのやり方には息子の義龍をはじめ、家臣からも不満を抱かれていたことがわかります。 長良川の戦いで明智光秀や織田信長はどうしたか 明智光秀の動向 この「長良川の戦い」において明智家は道三に味方した為、義龍軍に囲まれた明智城は陥落し、叔父の光安はこの合戦で命を落としました。 この時、明智光秀も城にこもっており、叔父の光安と共に最後まで戦うと言いますが、光安は「お前は生き延びて必ず明智家を再興してくれ!」と言ってこれを許しませんでした。 その言葉を受けた明智光秀は、身ごもっていた妻の 煕子 ひろこを背負って逃げ延びました。 そして流浪の末に越前までたどり着き、そこで朝倉家に仕えることになるのです。 織田信長の動向 斎藤道三の義理の息子である織田信長は、道三に味方するべく自ら兵を率いて援軍を送ります。 美濃に向かう途中まで兵を進めますが、合戦には間に合いませんでした。 道三を破った義龍軍の兵は勢いに乗り、とうとう織田信長がいた場所まで攻め込んでくると両軍は河原で激突します。 この状況でようやく道三の死が信長の元に伝わると、信長はやむを得ず退却することにし、自らがしんがりを努めて尾張へと戻ったのでした。 斎藤道三と斎藤義龍の親子が争った「長良川の戦い」の経緯のまとめ 最後に、斎藤道三と斎藤義龍の親子が争うことになった「長良川の戦い」に至ってしまった理由と経緯をまとめておきます。 斎藤道三と斎藤義龍の関係が悪化した理由• 道三が息子である義龍よりも義理の息子の織田信長を評価した• 義龍よりも弟たちの方を可愛がった• 義龍は道三の実の息子ではない事がわかったから (義龍の出生については定かではない) 「長良川の戦い」の経緯:明智光秀や織田信長の動向• 義龍が弟の龍重・龍定を殺害する• それを聞いて道三は大桑城へ移り、義龍との決戦を決意する• 義龍軍17,500人vs道三軍2,700人• 義龍軍が道三の首を打ち取り、義龍の勝利に終わる• 明智光秀は道三側に味方し、逃げ延びて越前へ向かう• 織田信長も道三側に味方するも、合戦に間に合わず退却する 下剋上の代名詞として「美濃のマムシ」と怖れられた斎藤道三も、それまでの過激な行いがアダとなり、最後は息子の義龍に殺害されてしまったわけです。 これにより、美濃を追われた明智光秀や、道三の後ろ盾を得ていた織田信長の状況はガラリと一変します。 大河ドラマ「麒麟がくる」においても、この「長良川の戦い」は前半の大きなポイントになることでしょう。 はたしてどのように描かれるのか、それも見どころのひとつですね。 ちなみに、斎藤道三が「美濃のマムシ」と呼ばれるようになった理由について下記の記事でまとめています。 なぜこれほどまでに恨まれてしまったのか、それを解くヒントになると思いますので、こちらもぜひ読んでみて下さい。 さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。 登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

次の

濃姫

斎藤 道 三 の 子供

最も大事に思っていること 日本国憲法を守り、その理念が実現されるよう努力すること。 平和、自由権・生存権等の基本的人権が脅かされるような政治の動き、憲法改正(改悪)の動きには断固反対していきたいと思います。 日本国憲法の制定により託された憲法の理念を我々の後の世代に手渡すことは我々世代の責務です(憲法95条)。 大学で憲法を学問として学び、そして法律実務につきました。 日本国憲法は素晴らしい法であり、全ての法的問題を解決していくうえで根本に据えなければならない法です。 仕事を行ううえで考えていること 依頼される方の考えや気持ちを理解し、その上でどのような解決が依頼された方に真の利益をもたらすかを考えています。 相手方の言い分にも耳を傾け、できる限り事実関係を明らかにして、妥当な解決が図れるよう努力しています。 事実が大事です。 そして事実を認定するための証拠を集めることが大事となります。 依頼者と一緒に事実と証拠を集めるのが、最も大事な仕事です。 楽しみ 子どものころから遊びは何でも好きでした。 放課後や昼休みが待ち遠しかったものです。 野球が一番好きな遊びです。 弁護士会にも野球部があります。 釧路弁護士会の野球部は釧路エルクレインズ(丹頂)といいます。 北海道の弁護士会の野球大会で札幌を破り優勝したこともあります。 また仙台に2年続けて勝ったこともあります。 野球は実力通りの結果にならないこともあるのが魅力です。 ゴルフは上達しませんが、気の置けない仲間と回るのはとても楽しいです。 年に15回前後プレーしています。 ハンデは一応20ですが、最近はアンダーで回ったためしがありません。 登山 最近は年に1、2回くらいになってしまいましたが、足でなければたどり着けない場所からの素晴らしい景色には感動します。 家族 妻、長女(札幌)、二女(東京)、三女(東京)。 子供が三人、孫が2人できましたが、地元の人口増加には貢献していません。 性格 基本的には生真面目です。 皆と楽しくやるのが好きです。 仕事と遊びの両方大事に考えています。

次の

斎藤道三

斎藤 道 三 の 子供

Contents• 長良川の戦いとは? この戦いは、 1556年4月に美濃長良川付近で起きた斎藤親子の合戦です。 結果は、嫡男・義龍が勝利し 斎藤道三は討ち死にと言う結末を迎えます。 長良川の戦いの背景 1542年頃、美濃国守護・土岐氏に代わり美濃国を支配してた 斎藤道三は、1554年に家督を義龍に譲り隠居をしていました。 しかし、道三と義龍の折り合いが合わず、次第に対立していくことになります。 道三と義龍の対立は以下の原因が考えられています。 親子の確執 義龍に家督を譲った道三ですが、両者の折り合いが合わなかったと言われています。 NHK大河ドラマの【 麒麟がくる】でも、義龍が父・道三の不満を光秀に漏らしていた描写がありました。 次第に、道三は義龍の弟にあたる孫の四郎や喜平次を溺愛していくことになります。 これには、理由があり義龍の生母深芳野は、道三の側室ですが元は、守護職・土岐頼芸の側室で道三に嫁いだ直後に義龍を懐妊しました。 そのため、前夫の土岐頼芸の子ではないのか?と疑念を持っていたと考えられています。 そのため、道三は疑念のある義龍ではなく孫の四郎たちに家督を継がせたいと思ったのではないのでしょうか? 隠居は道三の意思ではなかった!? 実は道三の隠居自体が義龍派の家臣達の強行で行われたとも言われています。 建前上、家督を譲った道三ですが、まだまだ実権は渡したくなかったのですから、義龍のやり方にいちいち口を出さないはずがありません。 それに輪をかけて折り合いが悪かったのですから、二人の仲は悪くなるばかりです。 そのため道三は、しだいに義龍を排除し幼い孫たちに家督を継がせるように考えて、自らが実権を握れるように考えたのです。 血を残すこと大事に考えていたこの時代に、自分の子かわからない義龍より、我が子と確定している弟達の孫たちに後継者として考えていても不思議ではありません。 長良川の戦いの経過 義龍からしてみれば、道三の本人も弟達の子供も排除の対象と考えるのは自然の事でした。 弟の暗殺劇 まず義龍は、病気を装い合いに来た孫の四郎と喜平次を招き、酒をふるまい家臣によって切り殺させました。 この一件は、叔父でもある長井道利も関与しており、信頼している身内がいたからこそ、四郎たちは気を許したのでしょう。 この惨殺事件をキッカケに身の危険を感じた道三は、自分の居城を焼き払い長良川まで逃れていきます。 これを皮切りに長良川の戦いへと向かっていくのですが、道三陣営は圧倒的な不利な状況に立たされます。 織田信長の援軍 斎藤家中では、かねてより道三のより方に不満を持っている者も多く、多くの家臣達を引き入れることはできませんでした。 斎藤家重臣美濃三人衆も義龍側に付いたとされています。 その結果、義龍17500人VS道三2700人の争いとなり、圧倒的に道三が不利に立たされることになりました。 しかし、道三には娘婿の織田信長と言う秘策を待っていました。 道三はすぐさま織田信長に援軍を要請し、舅道三救出のために尾張から出陣します。 織田軍を合わせても道三の兵は少なく義龍にかないません。 しかも、信長軍が到着する間もなく道三が打ち取られたという報告がもたらされました。 <スポンサーリンク> 斎藤道三の死 長良川の畔で激突した両者の戦い初めは以外にも、道三の優勢で始まりました。 しかし、圧倒的兵力差で、数で押してくる義龍軍を道三軍は押さえるこは出来ませんでした。 道三本陣に突撃してきた 長井道勝が道三を生け捕りにしようとしますが、武功を焦った他の家臣達が首をはねてしまいます。 それに対し、道勝が激怒したとも言われ、初めから討ち取るつもりはなく生け捕りにしようとしていたのではと考えられています。 大良河原の戦い 援軍を出してた織田信長でしたが、その到着を待たずに 斎藤道三は打ち取られてしまいます。 義龍軍が勝利した事により、士気が最高潮のまま織田軍に突撃をしてきました。 信長からしてみれば、助けるべき舅が打ち取られた今、戦う理由がありません。 そして、すぐさま体制を整え尾張へと退却していきました。 ここで信長は、自ら殿を務め自軍を退却させる武功をあげています。 それを大将自ら務めるのは異例とも言え、信長にとって道三の死が衝撃的であったと思われます。 斎藤道三の遺言書 冒頭でも触れましたが、道三は娘婿の信長に対し 遺言書を渡していたとされます。 その中には、 無能と罵っていた息子義龍が思っていたよりも戦の戦法など出来る奴であったと伝えたと言われています。 道三は、義龍相手なら勝てるだろうと見くびっていたようですが、思いのほか戦上手でビックリしていたようです。 義龍側についていた家臣たちは、その器量に気が付いており孫を溺愛していた道三の方が耄碌してたかもしれません。 この合戦の中生き残った道三の末っ子【 斎藤利治】は、織田家へ逃げのび尾張で暮らしていくことになります。 斎藤家のその後 父道三を討った義龍は良心の呵責があったのか出家しています。 その後、35歳の若さで死去すると息子・龍興が家督を継ぐことになるのですが、織田信長の侵攻を許すことになり、斎藤家は三代で滅んでしますことになります。 この記事では、義龍の実父は前守護の 土岐頼芸と言う説で説明をしましたが、これは江戸時代の美濃国諸家系譜が出所のため真意は不明。 研究者の中には、道三自身が義龍を擁した重臣たちを排除しようと戦いを起こしたとも考えられています。

次の