カラオケ 採点 ai。 LIVE DAM Ai(ライブダム アイ)の採点で高得点を取るには、新たな指標「Ai感性」の攻略が必要だった!

LIVE DAM Aiの精密採点Aiでの表現力の取り方!精密採点DX

カラオケ 採点 ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の

LIVE DAM Ai 精密採点Ai 高 幸吉

カラオケ 採点 ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の

[カラオケ]人生初LIVEDAM Aiの精密採点Aiに挑戦した結果は…|スズシンラボ

カラオケ 採点 ai

そもそもAi感性とは? Ai感性は精密採点Aiから当たらに導入された項目で、総合得点には「Ai感性ボーナス」という項目で影響を与えます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 上の画像では5. 388点が「Ai感性ボーナス」として総合得点に加算されています。 この「Ai感性ボーナス」とその前の点数を足した点数が総合得点(上の画像では91. 573点 となります。 精密採点DX-Gを知っている人ならば「ボーナス点」が「Ai感性ボーナス」に変わったという認識で問題ありません。 これまで精密採点DX-Gでは「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」の3つがありましたが、「Ai感性ボーナス」については1つしかありません。 Ai感性はどのようにして採点している? Ai感性は歌唱中に音程と同じく1画面1画面で採点しているようです。 採点をONにすると音程バーの右下にAi感性の部分が出てきます。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱中画面 このAi感性は中央から右にピンクの光が、左に青の光が歌唱後に伸びていきます。 伸びるタイミングは画面で8割程度歌いきったときです。 ピンクの光は加点、青の光は減点を表しています。 なので最初の段階では0点からのスタートで、曲の中で加点も減点もしているということですね。 事実採点結果画面でもAi感性において加算、減算がされていることが分かります。 出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 採点結果画面 表現力 Ai感性 上の画像では加点がかなり多く、Ai感性は91点の高得点を出しています。 ですが青の光のマイナスの方がピンクのプラスよりも大きく、もしも青が多いとAi感性の点数はガクッと下がってしまいます。 歌唱中はなるべくピンクのプラスを多くして、青のマイナスは極力出さないようにするのがこの項目を攻略するポイントですね。 またこのAi感性は以下の8つの項目を見ているようです。 これらの技術を使用すると高確率でピンクのプラス方向に光が伸びていきます。 回数の多い少ないは曲や歌う人によって変わるとは思いますが、「しゃくり」「こぶし」を多く入れることでAi感性が高得点になることは覚えておきましょう。 Ai感性ボーナスの仕組みに注意! 上の画像ではAi感性には5. 388点という高い数値が出ていました。 これだけ点数の高いボーナスだと、高得点が狙いやすそうに思われるかもしれません。 確かにAi感性ボーナスが5点もらえるなら満点の100点を取るには95点を取れば良いという計算ですからね。 精密採点DX-Gで98点台を取ればボーナス点と合わせて100点になる原理と同じです。 むしろそれよりも簡単といえるでしょう。 ボーナス点の最高は3点台でしたが、Ai感性ボーナスは5点台ですからね。 ですが残念ながら Ai感性ボーナスはそこまで甘いものではなく、Ai感性ボーナスが適用される前の点数に従って、与えられるAiボーナス点が大きく変わります。 以下の表はAiボーナスが表示される前の点数と、Aiボーナスの関係をさまざまな曲で計測したものです。 138 76 4. 911 87 3. 803 86 5. 470 86 3. 746 88 1. 813 98 1. 324 一覧で見てみるとよくわかりますが、Ai感性ボーナス適用前の点数が高くなればなるほど、Ai感性ボーナスの値は低くなるようです。 実際に表の下側の曲はAi感性の点数が上側の曲よりも高いにもかかわらず、Ai感性ボーナスの点数は下がっています。 点数が上がれば上がるほどAi感性ボーナスの点数が下がることが分かりますね。 この性質上、90点や95点を取るのは精密採点DX-Gよりも容易いですが、100点を取るのは精密採点DX-Gよりも数段難しいと考えられます。 精密採点AIでのAi感性の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点AiでのAi感性の点数の取り方でした。 精密採点Aiからの新項目ではありますが、ある程度仕組みが分かってしまえばAi感性で高得点を取るのはそこまで難しくありません。 Ai感性ボーナスはかなり得点配分が高く、とくに80点台の点数ならば5点以上のボーナスが期待できます。 それゆえに今までは80点台がギリギリだったとしても、このAi感性でさらに点数を伸ばし、90点に届く可能性がぐっと高まりました。 普通に歌うだけでも点数が取りやすくなったので、そこは前作の精密採点DX-Gと比較して良い点ですね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の