アライブ 松下 奈緒 カバン。 「アライブ・がん専門医のカルテ」あらすじや原作は?みどころもまとめてみた!

主演ドラマ『アライブ』も話題!松下奈緒が抜群のスタイルで着こなす大人コーデに注目(エムオンプレス)

アライブ 松下 奈緒 カバン

こちらの記事では、• 【アライブがん専門医のカルテ10話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ8話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ7話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ6話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ5話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ4話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ3話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ1話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブ】松下奈緒着用のブランドをレンタル ついて紹介していきます。 【アライブがん専門医のカルテ8話】松下奈緒の衣装白ニット 8話の放送始まってすぐに松下奈緒さんが白衣の中に着ている白ニットは、 LOVELESS(ラブレス)の アシンメトリー レイヤード プルオーバーです。 【アライブがん専門医のカルテ8話】松下奈緒の衣装赤アウター 出典 8話の放送始まってすぐに松下奈緒さんが上記ニットと一緒に着ている赤アウターは、 Quartz Co. (クォーツ)の Genia Nf — No 27423NFです。 シンプルでかっこ良いアウターですよね! コーデもしやすいデザインですよ~。 【アライブ7話】松下奈緒の衣装グリーンタートルニット 出典 7話で木村佳乃さんと外で会話している場面で、松下奈緒さんが白衣の中に着ていたグリーンタートルニットは、 snidel スナイデル の カシミアニットプルオーバー です。 【アライブ6話】松下奈緒の衣装ダッフルコート 5話で松下奈緒さんが着ていたダッフルコートは、 Vis ビズ の 二重織りメルトンダッフルコートです。 定番のデザインなので流行にとらわれず、長く着用できますよ。 【アライブ6話】松下奈緒の衣装プリーツスカート 出典 3話で松下奈緒さんが着ていたプリーツスカートは、 STUDIOUS ステュディオス の マルチプリーツミックススカートです。 【アライブ5話】松下奈緒の衣装ダッフルコート 5話で松下奈緒さんが着ていたダッフルコートは、 Vis ビズ の 二重織りメルトンダッフルコートです。 シンプルで着こなしやすく、 流行にとらわれない定番のデザインなので長いスパンで着ることができますね。 松下奈緒さんにお似合いのキレイめなコートです。 ティファニーの頭文字Tを形どったデザインになっていて、笑った口のようにも見えるペンダントは、小ぶりでさりげなく身につけている感じが凄くおしゃれですよね! 美人な松下奈緒さんに、とっても似合っていてキラキラ光る物に弱い私も欲しくなってしまいました。 【アライブがん専門医のカルテ4話】松下奈緒の衣装赤アウター 出典 4話の放送始まってすぐに松下奈緒さんが義理のお父さんを迎えに行った時に着ていた赤アウターは、 Quartz Co. (クォーツ)の Genia Nf — No 27423NFです。 タイトなサイズ感でスッキリした印象に見えますね。 松下奈緒さんのように、かっこ良くシンプルに着こなしてみたいものです。 こちらのバッグは、SNSでも大人気のバッグですね。 大容量なので、荷物の多いお子さんのいるママのマザーズバッグとしても大活躍すること間違いないです。 カーキのマウンテンパーカーは、大人女性度がアップするおしゃれアイテムですね。 これからの季節にも活躍しますよ。 後ろはベージュカラーになっていて、前後ろ両方着ることができるタートルネックニットです。 後ろ前反対にする事で雰囲気を変えることができ楽しめるアイテムですよ。 トラッド感が漂うおしゃれなデザインですよね。 後ろのスリットや大きめのリブのバランスがなんとも可愛いデザインです。 【アライブがん専門医のカルテ3話】松下奈緒の衣装プリーツスカート 出典 3話で松下奈緒さんが着ていたプリーツスカートは、 STUDIOUS ステュディオス の マルチプリーツミックススカートです。 風になびいたり動くことで見えるプリーツが特徴的なデザインです。 松下奈緒さんとってもおしゃれに着こなしていましたよね!これを着こなせば、おしゃれ上級者間違いないですよ。 毎回、登場するニットですが、安定の可愛さですね。 松下奈緒さんが、着ているのを見るとまた着てる~と思っちゃいます。 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装白ニット 2話ラストの場面で、松下奈緒さんが着ている白ニットは、 Vis ビス の バックスリットハイネックニットプルオーバーです。 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装ミントカラーニット 出典 3話でニット帽を渡す場面で着ていた松下奈緒さんが着ていたミントカラーニットは、 snidel スナイデル の カシミアニットプルオーバー です。 トラッド感が漂うデザインは、おしゃれで様になる1枚ですね。 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装トートバッグ 1話でも使用されていましたが、2話で松下奈緒さんが使用していたブルー色のトートバッグは、 Qbag キューバッグ というブランドの ジップ付きトートバッグです。 こちらのバッグは、SNSでも大人気のバッグですね。 大容量なので、荷物の多いお子さんのいるママのマザーズバッグとしても大活躍すること間違いないです。 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装ダッフルコート 1話でも着用されていた、こちらのダッフルコートは、 Vis ビズ というブランドの 二重織りメルトンダッフルコートです。 松下奈緒さんは、カーキ色を着用していました。 シンプルで着こなしやすく、 流行にとらわれない定番のデザインなので長いスパンで着ることができますね。 裾部分がポイントで、このような仕様になっていてとっても可愛いです!女性らしさのあるダッフルコートだな~ 松下奈緒さんと同じカラーは売り切れてしまってますが、別のカラーならまだありますよ。 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装パープルニット 出典 こちらも1話でも着用されていた、パープルに黒のラインが入ったニットです。 黒ラインのバイカラーがアクセントとなったこなれ感のある1枚でも様になるニットですよ。 このニットは、 STUDIOUS ステュディオス というブランドの リブ パターンクルーネックニットです。 絶対零度のドラマでも、本田翼ちゃんが着用していたこともあり同じ色は完売しています。 🌙夜10時~放送📺 『<木曜劇場>アライブ がん専門医のカルテ #01』🥼 がん診療に特化した腫瘍内科を舞台に医師達と様々ながん患者達の人生を描くメディカルヒューマンドラマ始動!がんの発生場所がわからない原発不明がん患者を救え — フジテレビ fujitv 【アライブがん専門医のカルテ1話】松下奈緒の衣装ネックレス 1話で松下奈緒さんが身につけていたネックレスは、 TIFFANY ティファニー の Tスマイルペンダントです。 ティファニーの頭文字Tを形どったデザインになっていて、笑った口のようにも見えるペンダントは、小ぶりでさりげなく身につけている感じが凄くおしゃれに見えました。 美人な松下奈緒さんに、とっても似合っていて私も欲しくなってしまいました。 赤いニットが松下奈緒さんにお似合いでしたね! シンプルなニットで24200円という価格ですが、肌さわりがよく着心地抜群のニットです。 こちらのバッグは、知っている方もいると思いますが、インスタなどのSNSでも人気があるバッグですよ。 大容量なので、荷物の多いお子さんのいるママのマザーズバッグとしても大活躍すること間違いないです。 【アライブがん専門医のカルテ1話】松下奈緒の衣装コート 松下奈緒さんががん専門医のカルテ1話で着用されている、こちらのダッフルコートは、 Vis ビズ というブランドの 二重織りメルトンダッフルコートです。 シンプルで着こなしやすく、 流行にとらわれない定番のデザインなので長いスパンで着ることができますね。 松下奈緒さんにお似合いのキレイめなコートです。 【アライブがん専門医のカルテ1話】松下奈緒の衣装パープルニット 出典 こちらも1話で松下奈緒さんが着用されているもので、パープルに黒のラインが入ったニットです。 黒ラインのバイカラーがアクセントとなったこなれ感のある1枚でも様になるニットですよ。 このニットは、 STUDIOUS ステュディオス というブランドの リブ パターンクルーネックニットです。 絶対零度のドラマでも、本田翼ちゃんが着用していたこともあり同じ色は完売しています。 ブランドが320種類も揃っている【LANVIN、Paul Smith、JILLSTUART、theory、ARMANIなど】• きちんとしたワンピースやジャケットの種類が豊富なのでキャリアウーマンにおすすめ• 高価なブランドが揃っているので人と洋服が被りたくない人にはおすすめ• パーティドレスを着る機会が少ないのでレンタルで済ませたい人• もちろん普段着使いもOK 松下奈緒さん着用のアイテムは、今のところレンタルできないですが、普段高くて買えないブランドが揃っています。 例えば、ランバンやジルスチュアートなど可愛いけど、手が届かないブランドですよね。 友人の結婚式やパーティにそんな憧れの服を着れたら気分も上がること間違いないです! ブリスタは、 ドレスやオケージョンに活躍しそうなアイテムが揃っているので、働く女性にもピッタリのファッションレンタルですよ。 【アライブがん専門医のカルテ10話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ8話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ7話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ6話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ5話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ4話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ3話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ2話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブがん専門医のカルテ1話】松下奈緒の衣装ブランド• 【アライブ】松下奈緒着用のブランドをレンタル について紹介させて頂きました。 (クォーツ)• コーディネートしやすい衣装も多いので、同じ衣装をゲットして松下奈緒さんになりきってみてはどうでしょうか。 最後までブログを見て頂きありがとうございました。

次の

「アライブ~がん専門医のカルテ」フル動画【第1話~最終回】見逃しドラマ無料視聴しよう

アライブ 松下 奈緒 カバン

Contents• 参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。 葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。 阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。 その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け…。 一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた…。 思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける…。 愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのかー。 【出典;】 恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。 そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。 心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。 しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。 そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。 はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。 しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。 一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。 時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていきー。 【出典;】 恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。 しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。 薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。 数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。 退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。 心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。 しかし、心は薫を避けるようになっていた。 そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。 心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。 初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。 心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。 徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。 律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。 一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。 【出典;】 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。 心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。 薫の心中は複雑だ。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。 武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。 がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。 心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。 同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。 治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。 【出典;】 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。 動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。 薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。 和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。 心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。 光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。 和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。 自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。 一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。 そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。 交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。 恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。 そんな薫に心は…。 【出典;】 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。 これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。 その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。 修平にこの事件を担当させることにする。 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。 なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ! この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。 そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。 【出典;】 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智巳)が、兄を転院させると申し出てきた。 芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。 心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。 阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。 阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。 女性は有馬総合病院の理事長、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。 丁寧な美紀子の対応に感心する心。 すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。 【出典;】 腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。 そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。 その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。 しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。 それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。 心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。 医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。 また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。 佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。 治療を受ける薫に驚く莉子。 だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。 莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。 そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて…。 2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていたー。 【出典;】 自らも抗がん剤治療を行いながら、医師の仕事を続けている木村佳乃さん演じるカオル先生がステキですね。 痛みや病気と戦い、自分の志した道を進んでいく強さが素晴らしいと思いました。 私なら落ち込んで、仕事を諦めてしまいそうです。 【5段階評価-5. 面白い】 『アライブ がん専門医のカルテ』あらすじ 『アライブ がん専門医のカルテ』は横浜みなと総合病院に勤める腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)が主人公。 腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、本人の名前とかけて院内では「オンコロ先生」と呼ばれている心は、誰に対しても等身大で接する、柔らかで心優しい女性。 家庭では学生時代に知り合った男性・匠(中村俊介)と結婚し、一人息子をもうけ、順風満帆な毎日を送っていた心だが、3カ月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。 職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。 そんな時、関東医科大学付属病院から横浜みなと総合病院に移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。 腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になってできた大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。 『アライブ がん専門医のカルテ』は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の心と外科医の薫という最高のタッグを組む2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かい、感動のメディカル・ヒューマンドラマとなる。 『出典:』 『アライブ がん専門医のカルテ』CAST&STAFF 松下奈緒 1985年2月8日 兵庫県出身。 ジェイアイプロモーション所属。 主な作品 テレビドラマ 『ゲゲゲの女房』 『CONTROL〜犯罪心理捜査〜』 『早海さんと呼ばれる日』 『鴨、京都へ行く。

次の

『アライブ』が説く、がん治療の複雑さと患者たちの戦い 松下奈緒×木村佳乃の仲は戻るのか?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

アライブ 松下 奈緒 カバン

匠(中村俊介)が亡くなった原因が、自分が手術中にミスをしたことだと心(松下奈緒)にようやく打ち明けた薫(木村佳乃)。 しかしそれによって2人の信頼関係は崩れてしまう。 心の「消えて」の言葉に従い病院を辞めようと決心する薫だったが、手術を控える患者がいるため認めてもらえずにいた。 2月13日に放送されたフジテレビ系列木曜ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話は、心と薫の2人の関係性の変化について以上に、注目すべき題材を扱ったエピソードであったといえよう。 胃がんのステージ3と診断された土方絵麻(清水くるみ)に治療方針を説明する心だったが、絵麻の父・徳介(ベンガル)は抗がん剤治療に著しいまでの拒否反応を示す。 そんな中、抗がん剤治療の副反応による脱毛が現れはじめた佐倉(小川沙良)が、病院内で体調を崩して倒れ込んでしまう。 そこを偶然通りかかった徳介は、彼女が抗がん剤治療中であることを知り動揺。 治療を始めようとしていた絵麻を連れて帰り、科学的根拠に基づく標準療法ではない、民間療法に頼るという選択肢をとるのである。 今回の劇中の終盤で、悪質な民間療法ビジネスを行なっていた会社の社長が逮捕されるというニュースを見ながら、高坂(高畑淳子)は心にこう呟く。 「何で患者がこんなもんに騙されるか不思議でしょ? 治りたいからよ。 生きたいからよ。 何だっていいからすがりたくなるの」。 科学的根拠のない民間療法は、近年とくに問題視されていると見受けられる。 劇中に登場したような「がんが治る水」のようなものから、少し前に話題になった「血液クレンジング」や「キャベツ枕」などなど。 しかしその一方で、阿久津(木下ほうか)のセリフにもあるように「すべてを否定できないしするべきではない」というのも納得できるものがある。 例えば前述の「キャベツ枕」しかり、昔からよく言われている、風邪を引いた時に首にネギを巻くことや枕元に玉ねぎを置くことなど、科学的に効果が証明されていないもののローリスクであり、かつほとんどプラセボ効果に頼ったものも数多く存在している。 それらは少なからず、患者やその家族の不安や心理的な負担を和らげる働きをしていると言ってもいいのではないだろうか。

次の