ガラケー line。 ガラケー版LINEが終了!その移行方法と注意点3つをご紹介

ガラケーでLINEを使えるの?

ガラケー line

このページのもくじ• 2019年現在は携帯 3Gガラケー 版LINEは利用不可 2000年~2010年くらいまでは3Gガラケー全盛期の時代があり、1人1台ガラケーを持っているのが当たり前の時代でした。 それに伴い、ご新規でのサービス登録は2018年1月15日 月 をもって、終了させて頂いております。 引用元: という事で、 2018年1月15日 水 :ガラケー版LINEの新規登録の終了 2018年3月28日 水 :ガラケー版LINEのサービス提供終了 となっており、2018年で携帯電話でLINEを新規登録する事ができなくなっています。 つまり結論を述べると「 LINEを使いたいならスマホかガラホ 4Gケータイ にするしかない」という事です。 4Gケータイ「ガラホ」でもLINEは使えるけど、料金が結構高い… 最近では「ガラケーを使い続けたい層」の為に、ドコモやau、ソフトバンクでは「ガラホ 4Gケータイ 」と呼ばれるガラケーのような見た目のAndroidを販売しています。 というか3Gケータイは既に販売終了しているので今はガラホしか販売していません… 上記はドコモの『AQUOS ケータイ SH-02L』という機種のガラホですが、見た目は完全にガラケーですね。 ただ、中身はAndroidとなっており「見た目はガラケー。 中身はAndroid」なのがガラホという訳です。 Androidなので勿論LINEアプリがインストール可能=LINEも使えます!…が、 問題は料金が通常のスマホと同じくらい高いって事でしょう。 「だったらもうスマホでいいじゃん」と思ってしまうのは自分だけじゃないハズ。 また、大手キャリアでスマホを契約・機種変更すると月額料金がかなり上がるのもわかるかと思います。 なので現在ガラケーを使っている人は、そのまま同じキャリアでスマホへ機種変更してしまうと倍以上かかるのでご注意を。 もちろんガラケー型のスマホ『ガラホ』も例外ではありません。 もしLINEを安く使いたいならば、格安スマホを選ぶのが以下に安く済むかが分かったと思います。 最低限の機能のみのガラケーは何より操作が分かりやすく覚えやすいですからね。 そんな方には「一部の格安SIMではスマホだけじゃなくてガラホ 4Gケータイ も使える」という選択肢もある事を知っておいて欲しいです。 具体的には「ワイモバイル」「UQモバイル」「楽天モバイル」「IIJmio」の4社がガラホを利用できる格安SIMとなります。

次の

ソフトバンクのケータイ(ガラケー)でLINEが使える機種はこれ!購入時の注意

ガラケー line

ガラケーでLINEは使えない?? 最初にガラケーでLINEはいつまで使えていたのか、少しだけ振り返ってみたいと思います。 ガラケーのLINEサービスは2018年3月28日に終了 ガラケー版のLINEは2011年からサービスを開始していました。 しかし、スマホの普及率が急速に伸びたことと、より良いサービスをスマホ版で提供していくために中止した背景があります。 また、サービス停止に至った理由は普及率だけでなくもう1つあります。 3大キャリアはガラケーの製造は中止している ガラケーを提供していたドコモ、au、ソフトバンクの3社は2017年にガラケーの生産を中止し、それに変わる新しい 「ガラホ」と呼ばれる携帯電話に切り替えました。 余談ですがガラケーのなかでも、4Gではなく3G回線を利用したFOMA携帯は2020年代半ば、auのCDMA X1 WINは2022年を目処に停波することが決定しています。 もしも現在、3G電波を利用するガラケーを使っているのであれば、 早めに機種変更をしたほうがいいかもしれません。 LINEが使えるガラホとは一体なに? 新たな携帯、ガラホとは一体どういったものでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 ガラホというのは、 「ガラケータイプのスマホ」を指します。 ガラケーの使用感とスマホの機能性を合わせ持った、新しいタイプの携帯電話のことです。 ガラホとガラケーの違いって? ガラホとガラケーの大きな違いは、OSとインターネットへの接続方式にあります。 ガラケーで利用していたOSは、ガラホになるとAndroidへ変わります。 これによりガラホはスマホと同じようにLINEが使えます。 またインターネット通信方式もガラケーではi-mode、EZweb、Yahoo! ケータイとガラケー専用コンテンツを利用していましたが、ガラホはスマホと同じようにインターネット接続を行います。 これにより、快適なブラウジングでネットサーフィンを楽しむことができます。 ガラホの魅力はコレだ! ガラホの魅力はやはり ガラケーの操作感でスマホの機能を使えるところにあります。 つまり、両方の良いとこ取りということです。 便利さと使いやすさを兼ね揃えている、次世代ガラケーと呼ぶに相応しい端末です。 そのため大事なやり取りや残して置きたい内容については、スクリーンショットを利用するなど何かしら別の方法で残すしかありません。 ガラホでLINE通話できる?? トークの引継ぎができないことで、ほかにも機能制限があるのではと思うかもしれませんが、 音声通話やビデオ通話は問題なく行うことができます。 LINEの利用によるデータ通信量 消費するデータ量についても、スマホとほぼ同じです。 音声通話やビデオ通話では使用するデータ量は多くなりますが、トークであれば通信制限が入った状態であったとしても問題なく使うことができます。 LINEが使えるauのおすすめガラホ 続いては、各キャリアごとに販売されているオススメ機種の紹介になります。 2019年9月現在auのガラホは全部で10機種あります。 今回はおすすめのガラホをピックアップして紹介します。 auのガラホなら「GRATINA KYF39」がオススメ! GRATINA KYF39() auのガラホでオススメなのは京セラの 「GRATINA KYF39」です。 搭載している機能はシンプルということもあり、大変使いやすいモデルとなっています。 パカパカと開閉するタイプは、懐かしくも手に馴染む心地良さを感じられるのではないでしょうか。 auのガラホは他にも種類がいくつかあり、auを代表するガラケーの名機 「INFOBAR」や、子供向けの mamorino5。 さらにAQUOSやTORQUEといったスマホでもおなじみの端末もガラホとしてラインナップ。 他にはないバラエティに富んだ品揃えは大きな魅力といえます。 auガラホの月額料金 auのガラホ料金は本体価格に通話料金プラン、データ通信料金、ISP代金を合算したものが月額の基本料金として請求されます。 GRATINA KYF39の本体価格は32,400円となっており、一括または36回での支払いとなります。 36回払いの場合は割引が適用され、機種変更なら450円、MNPなら150円となり、スマホプランとの大きな違いとしては データプランと通話プランの組み合わせです。 【通話プラン】 通話プランは 定額料金と従量料金があり、これは後述するデータ料金プランによって選べるものが異なります。 基本的にはスマホの通話プランと同じなので、慣れ親しんだ内容になっているのではないでしょうか。 【データ通信プラン】 利用できるデータプランは 容量プランと定額プランの2種類です。 ただ、当月の通信量が2GBを超えると通信制限がかかるため注意したいところです。 月額料金 機種変更 月額料金 MNP 通話プラン料金 1,200円 1,200円 データ通信料金 4,200円 4,200円 機種代金 450円 150円 月額合計 5,850円 5,550円 LINEが使えるドコモのおすすめガラホ ドコモのガラホは全部で4機種販売されており、その中からおすすめのガラホをピックアップして紹介します。 ドコモのガラホは「P-smart ケータイ P-01J」がオススメ! P-smart ケータイ P-01J() ドコモのガラホでオススメなのはパナソニックの 「P-smart ケータイ P-01J」です。 4mm 重量:約132g 価格 28,800円 ドコモガラホの月額料金 ドコモのガラホは新プランに対応しており、 3つの料金プランから選択します。 一方で新プランは端末割引を受けられません。 そうなると「かなり高そう」というイメージがあるかもしれませんが、端末価格は31,104円で支払回数は一括、12回、24回、36回から選択することができます。 しかし、3種類の分割プランが用意されているので、自身の経済状況にあったものを選択可能。 これなら無理なく手に入れることができるのではないでしょうか。 この端末代金に加え、3つの新料金プランの中から選択します。 料金とプランの内訳は以下の通りです。 プラン 利用可能データ量 2年定期契約あり 2年定期契約なし ギガホ 30GB 6,980円 8,480円 ギガライト 1GB~7GB 2,980円~5,980円 4,480円~7,480円 ケータイプラン 100MB 1,200円 2,700円 どのプランを選択しても家族間通話は無料です。 通話かけ放題がセットになったプランはなく、どのプランを選択してもオプションとして追加します。 料金は[かけ放題オプション:1,700円]、[5分無料オプション:700円]です。 データ通信3GB ギガライト 、5分通話無料オプション、端末代金は36回分割。 月額料金(2年契約あり) 月額料金(2年契約なし) 通話プラン料金 700円 700円 データ通信料金 3,980円 5,480円 機種代金 864円 864円 月額合計 5,544円 7,044円 LINEが使えるソフトバンクのおすすめガラホ ソフトバンクのガラホは全部で8機種と比較的多いラインナップを取り揃えています。 その中からおすすめのガラホをピックアップして紹介します。 ソフトバンクのガラホは「かんたん携帯10」がオススメ! かんたん携帯10() ソフトバンクのガラホでオススメなのはシャープの 「かんたん携帯10」です。 また音声が聞き取りやすく、画面に表示される文字サイズも大きくて読みやすいです。 さらにあんしんのサポート機能も搭載しています。 なお、ソフトバンクのガラホで注目したいモデルは2019年に発売した、 DIGNO ケータイ2と AQUOS ケータイ3です。 DIGNOケータイ2は防水・防塵・耐衝撃、さらに電池持ちに優れているのが魅力です。 AQUOS ケータイ3はかんたん携帯10と同じシャープ製のガラホで、基本スペックは同じでありながらもビジネスなどの利用もでき、デザイン面も洗練されています。 ソフトバンクガラホの月額料金 ソフトバンクのガラホの料金プランは5つ。 端末の支払い方法については以下の2つから選択します。 2年目以降もソフトバンクを使う予定があり、さらに端末も引き取ってもらいたいという方にはオススメの割引プログラムです。 ソフトバンクのガラホが利用できるプランは以下のとおりです。 通話かけ放題がセットになったプランはなく、どのプランを選択してもオプションとして追加します。 料金は[定額オプション:1,500円]、[準定額オプション:500円]です。 またソフトバンクは新料金プランに伴い、2年縛りなどと呼ばれる期間拘束がなく、解除料も設定されていません。 データ通信3GB ミニモンスター 、5分通話無料オプション、端末代金は48回分割で考えた際の月額料金が以下のようになります。 -1,000円の割引がきくため、実際はもう少し安く始めることができます。 そしてソフトバンクではデータ通信をともなわない定額プランも用意されているので、通話だけで使いたいという方はケータイ通話プランを選択するのもいいのではないでしょうか。 LINEが使えるSIMフリーのおすすめガラホ 契約をともなわないSIMフリーガラホとして販売されている端末の種類はそう多くはありません。 それ以外の方法としては先に紹介したキャリアの中古端末を購入して、利用したいMVNOのSIMにあった端末を選択するといった方法があります。 SIMフリーのガラホは「Mode1 RETRO」がオススメ! Mode1 RETRO SIMフリーのガラホでオススメなのは 「Mode1 RETRO」です。 しかし通信方式が4Gだけではなく、2Gや3Gにも対応しているため海外旅行や海外で仕事をしているという方には特にオススメです。 なお、Mode1 RETROはAmazonなどのオンラインショップで購入するため、 本体価格は店舗によって異なります。 ガラホを使うのに最適なMVNOは? ガラホでLINEをするならオススメは LINEモバイル一択です。 LINEの持つ機能をフルに活用するのであれば、LINEモバイル以外の選択はありません。 LINEモバイルでLINEを楽しむのであれば、下記のプランがオススメです。 料金 データSIM 500円 データSIM(SMS付き) 620円 音声通話SIM 1,200円 どのプランを選択しても1GBのデータ通信が使えるので、LINEのトークはたっぷり楽しむことができるでしょう。 また、料金を格段に抑えられるので少しでも安く使いたいという方にはもってこいのプランです。 加えてLINEモバイルは他にも魅力的なプランが多くあるので、自分に最適なものを選択して利用してみてはいかがでしょうか。

次の

ついに...ガラケー版LINEが本日で提供終了 移行方法と注意点まとめ

ガラケー line

スマートフォンを持っていなくても、携帯電話(ガラケー)があればLINEを利用することが可能です。 そこで、実際にガラケーでアカウントの作成ができるか試してみました。 登録手順をメモしておきます。 携帯電話(ガラケー)版のLINEは無料通話が利用できなかったりと、機能が制限されているので使い勝手が悪いですが、PC版や最近ではGoogle Chrome版などもありますのでスマホがなくてもLINEを利用できる環境が増えています。 ですので、ガラケーしか持っていない人でもアカウントを作っておくと、パソコンでLINEを利用する時にメールアドレスとパスワードを入力するだけでログインできますので、ぜひ試してみて下さい。 ガラケー版LINEの登録手順 まず、お手持ちの携帯電話(ガラケー)でへアクセスします。 naver. アクセスできたら、 「利用登録(無料)」をクリックします。 そのまま 「空メールを送信」をクリックすると、自分の携帯アドレス宛てに 「以下のリンクよりLINE(ライン)の利用登録にお進みください」とメールが届くので、本文内に記載されているURLにアクセスします。 利用登録の画面に移動したら、名前(ペンネーム)を入力して 「同意して参加」をクリックすれば完了です。 引き続き、ID登録の画面になりますが、IDは後から設定が可能ですので、この段階では設定しなくても問題ないです。 利用登録が完了した後に、LINEにアクセスすると自動的にログインした状態になっています。 画面の下までスクロールすると 「設定」メニューがあり、IDやアカウント連動設定が可能です。 アカウント連動設定で、メールアドレス連動設定をするとPC版やGoogle Chrome版でも携帯電話(ガラケー)版と同じ設定でLINEを利用することができます。 ここで設定したパスワードを使って、PC版やGoogle Chrome版でもログインすることが可能です。 ただし、携帯電話(ガラケー)版で他端末ログインを 「許可する」に設定しておく必要があります。 以上が携帯電話(ガラケー)版LINEの利用登録手順です。 ガラケーだと情報量が少ないので、画面の指示に従うだけで簡単に登録できますよ。 登録が完了した後に、家族から「LINEはじめたの?」とすぐに言われたのでちょっとビックリしました。 ガラケー版だと電話帳(アドレス帳)に登録している人にLINEをはじめたことが自動的に伝わってしまうんです。 スマホ版だと利用登録時に設定で友だちにバレずにできるのですが、ガラケー版ではできません。 わざわざ「LINEはじめました」と連絡することを考えれば楽なのかも知れませんが、今回は試しに登録してみただけですし、なんかガラケーだと恥ずかしいので、すぐにアカウントを削除しました。 家族や会社の人などは、自分がガラケーを使用していることは知っているので気にならないのですが、電話帳は昔から全然整理していなかったので、最近は全く付き合いのない人も残ったままです。 ガラケー版でLINEの利用登録をする場合は、電話帳を整理してからにした方がいいですね。 アカウントの削除方法は、 「設定」の画面で最下部まで移動すると 「アカウント削除」のリンクがありますので、クリックした後、確認画面で 「はい」を選択すると削除完了となります。

次の