レペゼン地球 シバター。 レペゼン地球をヒカル、シバター、宮迫支援!無観客ライブ費用はラファエルもち!

【レペゼン地球】本日18時よりライブします!宮迫さんも出演します!

レペゼン地球 シバター

シバター レペゼン地球への加入を発表 3月30日、"物申す系"ユーチューバー・シバターがDJ集団・レペゼン地球への加入を発表した。 (サムネイル画像はより) DJ社長から直々にオファー? シバターは動画の冒頭で「結構な重大発表なんですけども」と前置きし、「私、シバター、今後ですね、レペゼン地球のメンバーとして活動していくことになりました」と発表。 シバターのもとにはレペゼン地球のリーダーであるDJ社長からオファーがあったそうで、「とりあえずは向こう1年、お試しとしてレペゼン地球のメンバーとして加わって、ライブだったりとかイベントだったりとか、PVだったりとかに参加させてもらって、一緒に活動していくことに決まりました。 」と報告している。 3月中の"毎日投稿"を宣言したレペゼン地球は、日本のトップユーチューバーであるヒカキンやはじめしゃちょーとコラボを果たし、大きな話題となった。 3月18日にはシバターとのコラボ動画もアップ。 DJ社長とシバターがプロレスで勝負するという内容だが、ヒカキンとのコラボ動画を上回る勢いで再生されているとのこと。 このことからDJ社長はシバターを「今、日本のユーチューバーの中で1番影響力がでかい」と評価しているそうだ。 具体的な数字を見てみると、ヒカキンとのコラボ動画は3月1日公開で再生回数312万回(3月31日1時現在)。 これに対して、シバターとのコラボ動画は3月18日公開で再生回数301万回を超えており、確かにハイペースで再生されていることが分かる。 シバターが日頃から親交のある男性ユーチューバー・ヒカルは音楽面でも活動しているが、最も再生されている楽曲が「金持ちユーチューバー」。 この曲は作詞はシバター、作曲がシバターのプロデュースするウタエルということで「曲づくりにおいても、才能を、センスを持ってる」とDJ社長から音楽面でも評価されたそうだ。 さらにシバターは、レペゼン地球が公開したコラボ動画について、「めっちゃ面白いな、俺、でも悔しいけどこれできないわ。 (DJ)社長の編集すごい」とDJ社長の編集能力を大絶賛。 続けて「また新しいことができるんじゃないかな。 革命的なことができるんじゃないかな。 新しいプロレスができるんじゃないかな、と思いまして、加入することを決めました。 」と語っている。 すでにウタエルはレペゼン地球のために楽曲を制作中で、PVにはシバターも出演予定とのこと。 動画の最後では、ファンに向けて「自分のスタンスは変えずにねやっていくつもりなんで、新しい活動も応援していただければ幸いでございます」と呼びかけている。 しかし、コメント欄には「エイプリルフールまで待ちきれなかった男」「次回 『レペゼン地球 脱退します』不可避」「次回『いじめられました。 脱退します。 』」「ぜっっっっったい嘘じゃん」「嘘だと信じてるぜ」などの声が寄せられており、信じていないファンが多いようだ。 発信地・日本 <文・デザート編集部> 関連記事.

次の

DJ社長率いるレペゼン地球、YouTubeアカウント削除され、シバターが祝福!!

レペゼン地球 シバター

レペゼン地球『正月』のMVを公開しました。 『正月』は芸人やシバターのパロディが満載でレペゼン地球らしいユニークな歌詞が満載!どのシーンが芸人やシバターのパロディなのか、歌詞や意味も含めて紹介したいと思います! レペゼン地球『正月』公開!  2018年12月31日にレペゼン地球『正月』のMVを公開しました! 幕張メッセのライブを中心に色々なライブで大忙しのレペゼン地球ですが、今回もいつものレペゼン地球らしいゲスな曲をリリースしています。 Hangoverとは違いMV出演者はレペゼン地球のメンバーだけで構成されています(しばにゃん除く)。 レペゼン地球『正月』は芸人やシバターのパロディーが満載!? レペゼン地球らしくユニークなMVとゲスな歌詞で今回も楽しませてくれます。 「今どんな気持ち!?どんな気持ち?」と連呼しています。 ちなみに、シバターのTwitterが凍結された時はレペゼン地球も動画を投稿。 正月にふさわしいネタで、最近でも営業で正月にネタを披露しているところをよく見ますね! そんなネタを銀太がパロディーとして披露しています。 似合うというか、なぜかランドセルを背負っているあたりが本家よりインパクトが・・・。 多分声の質が小宮っぽく聞こえるため小宮と言わているのだと思います。 このシーンは2:00で登場。 一発屋芸人として最近もしばしばテレビに登場する芸人で意外と高収入で知られています。 レペゼン地球のメンバーじゃないけどトラックメイカーとして活躍しているしばにゃんが熱演(笑) もうほとんどレペゼン地球のメンバーと言っても過言ではないですよね。

次の

【MEGWIN】レペゼン地球開催の炎上万博で顔面骨折し炎上!シバターが苦言、事故まとめ

レペゼン地球 シバター

自作自演のパワハラ騒動で話題となったDJ集団のYouTuber「」が8月8日、「炎上万博」をアリーナ立川立飛(東京都)で開催した。 レペゼン地球メンバーと、過去に炎上したYouTuberが総合格闘技のルールで戦うというイベントだ。 かなり注目を集めたイベントだったが、そこで行われた試合の映像を見た人気YouTuberシバターさんが「すごい危ない」と指摘する。 シバターさんは現役のプロレスラーで総合格闘家としても試合に出場したことがある。 8月12日に投稿したで、 「レフェリーがそもそも普段格闘技をさばいている人じゃない。 格闘技のレフェリーの人じゃない。 おそらくは素人なんじゃないかと思います」 と語った。 「格闘技ってこういうルールでしょ?ってくらいの知識で素人がルールを作っている」 シバターさんは、YouTuber「ジョーブログ」のジョーさんとレペゼン地球のマネージャーである脇さんとの試合が気になったという。 2ラウンド目で、倒れこんだ脇さんの頭部にジョーさんが蹴りを入れ、「完全にTKOみたいな状態」になったが、レフェリーはすぐに試合を止めなかった。 「例えばあそこでジョーブログくんがラッシュでサッカーボールキック、完全に参っている脇くんをマウント取ってボコボコにして、止めるの遅かったら後遺症が残るかもしれないし、一生車椅子になっちゃうことだってある」 また「おそらくはリングドクターもいない」とも推測し、同イベントについて「格闘技ってテレビでやってたらかこういうルールでしょ?ってくらいの知識で素人がルールを作って行われた試合という感じ」と危険性が高いと訴えた。 「素人同士を戦わせるならサッカーボールキックもダメだし、脊椎への肘打ちだとか死界(死角)からのバックマウント取ってパンチとかも禁止にしたりとか、素人同士を戦わせるのであればお互いに致命傷にならないようなケガをしないようなルールでやらなければいけないのにそういうルール設定がされていない」 ジョーブログの「素人を怪我させる試合の決め方はプロ失格」 またシバターさんは「彼(ジョー)プロボクサーでしょ? プロなんでしょ? だったら素人と試合をしてはいけません」と指摘。 ジョーさんはプロテストに合格し、プロボクサーとして活動していた時期がある(2018年1月のデビュー戦で引退)。 シバターさんは「相手を完膚なきまでにぶちのめして、しかも怪我をさせるような試合の決め方をしているのが俺はもうプロ失格だと思うし、プロ失格だと思う」と批判した。 なおシバターさんも今年3月にリング上でレペゼン地球のDJ社長と殴り合いの喧嘩をしていたが、「あれは怪我人が出ないようにしてます。 そこは凄いきっちりやってるつもり」と話す。 この動画に対して、コメント欄では「シバターはガチンコで総合やってただけあって、話に説得力あるな」「格闘家としての真っ当な意見」など称賛の声が相次いだ。 ちなみにジョーブログに投稿された試合直後の様子を収めた動画では、脇さんがジョーさんに「まじこういう経験できてよかったです。 プロと戦える経験はやっぱりないんで」と感謝していた。 今回は大事には至らなかったが、本来ならシバターさんの言う通り安全面に配慮しなければいけないのだろう。

次の