ボールド ルーラー 系。 ボールドルーラー系に注目!

【第三回】血統を覚える。ナスルーラ系編

ボールド ルーラー 系

大阪杯2020の予想です。 大阪杯2020の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。 前日オッズは 1番人気ダノンキングリー 3. 5倍 2番人気ブラストワンピース 4. 8倍 3番人気クロノジェネシス 5. 1倍 4番人気ラッキーライラック 5. 3倍 5番人気ワグネリアン 5. 7倍 発走は4月5日 日 15時40分の予定です。 価値ある情報のグロリア 高松宮記念と日経賞 のダブル的中きた~!! 実績抜群のグロリアが提供する 『大阪杯の価値ある情報』気になりませんか!? 春のG1は価値ある情報の有無が分かれ道になりそうですね グロリアにはこちらから 無料登録できます! 目次• この血統は毎年のように好走しており、やはり要注目です。 母系までチェックした方が良いと思います。 追い切りは栗東CW 81. 6-66. 2-51. 9-38. 7-12. 2 単走 母母父は ボールドルーラー系。 大阪杯を2年連続で好走したアルアインは母父が、2018年の勝ち馬スワーヴリチャードと2017年の勝ち馬キタサンブラックは母母父がこの系統で、パワーとスピードの持続力に優れていて大阪杯にフィットする血統だと思います。 昨秋は長めの距離を差す競馬で好走しましたが、もともとはある程度前目でも競馬が出来るタイプですし、前走の中山記念で少し出していったことから今回焦らずに流れに乗ることで出来るのではないかと思います。 追い切りは美浦南W 65. 4-50. 3-36. 8-12. 0 単走 高いスピード持続力を持った馬。 中山記念と比べると馬場や距離などで少し適性は落ちるかもしれない。 それでも先週までのAコースからBコースに替わった今週は内の方が有利になるはずだし、脚質的にも内を選ぶことは出来るはず。 あとは後ろを待ちすぎないこと。 スローになれば後ろの馬たちが捲ってくる可能性もあるが、並ばれる前にスピードアップすることで仕掛けてきた馬たちを消耗させることが出来るし、こういう競馬をしても崩れないだけの力はある。 追い切りは栗東坂路 52. 9-38. 2-25. 2-12. 8 単走 母母父が ボールドルーラー系。 中距離の持続力レースは得意。 前走の小倉大賞典はレース運びも完璧だったが、この馬自身の手応えも素晴らしく、ここにきて充実期を迎えている可能性もある。 少頭数なら追走にも苦労しないはず。 有力馬が前を捕まえに行った後、タイミングを遅らせて仕掛けることで小倉大賞典の再現も出来るかもしれない。 追い切りは栗東坂路 54. 6-39. 7-26. 0-12. 9 単走 昨年は3着。 上手くスペースが出来たので内から伸びてくることが出来たが、本来はそれほど器用なタイプでもない。 その分だけこのコースでは届かない可能性もあるが、能力はやはりトップクラスのものがあるし、対応力もあるので侮れない。 追い切りは栗東CW 68. 8-52. 2-37. 1-11. 6 併せ先着 この馬も対応出来るレースの幅は広いし、能力も上位。 ただ、最近はスタミナ寄りのレースの方が好結果を出せていることから良馬場は気になるし、コース替わり、少し行きたがる面を見せ始めていることなど気になる点もある。 美浦南W 51. 8-37. 3-12. 3 併せ同入 この馬もスタミナレースの方が良いし、昨年も人気を裏切っているようにベスト条件ではない。 それでも川田騎手とのコンビでは上手くスペースを利用して脚を出し切れているので、軽視するのは危険か。 これが2020年を席巻している『価値ある情報』 グロリアの『価値ある情報』は必見です! グロリアでは ・本物の人材 ・高度なデータ分析 ・独自の情報 これらを確保することで 『価値ある情報』を提供することが出来ています。 グロリアの情報に興味を持たれた方はこちらから無料登録してみてください。 先週は高松宮記念と日経賞をダブル的中!! それだけではありません!! フェブラリーSでは139万円的中! 荒れるG1レースを的中し続ける。。。 こういうことを 『価値ある情報』っていうんですよね。 そんなグロリアが提供する 『大阪杯の価値ある情報』 気になりませんか!? 気になる方はこちらから かんたん無料登録してみてください!•

次の

ボールドルーラー

ボールド ルーラー 系

競走馬系統• 25 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44-51 52-74・101-104 A38-39・a40-79 C1-35 c36-72 Ar1-2 P1-2 Ur1• 歴 ボールドルーラー系(ボールドルーラーけい、Bold Ruler Line)は(主に)の(父方の)の1つ。 概要 [編集 ] 産駒誕生2世代目でリーディングサイアーを獲得した、快速馬の父系である。 父系には仕上がり早でタフな傾向とスピードを良く伝え、特に1960年代から70年代の米国の競馬で主流を占めた。 系統の広がりも早かったが、などが種牡馬として期待ほどの成績を残せなかったこともあって、1990年代以降はともいわれるからを通したサイアーラインが最も勢いがある。 日本にも本系統の馬が多く輸入されており、1990年代以降でも、やなどがG1を制している。 ただ種牡馬として活躍する馬には乏しく、比較的健闘しているのはRaja Babaを通した系統である。 が出したは、地方とはいえリーディングサイアーに輝いている。 また牝系に入ってもRaja Babaの系統が好調で、ロイヤルスキー産駒で馬のからとが出ている他、、なども母父はRaja Babaの系統である。 サイアーライン上は全て種牡馬入りした馬。

次の

【大阪杯2020予想】ボールドルーラーの血統に注目│【血統フェスティバル】競馬予想ブログ

ボールド ルーラー 系

セントライト記念は、クラシックが行われない芝2200メートルの距離で行われます。 つまり、400メートルで割れない「非根幹距離」。 芝1800メートルは芝2200メートルと同じくクラシックが行われず、400メートルで割れない距離。 同じ「非根幹距離」の実績に加えて、スピード能力の裏付けにもなるため、芝1800メートルでの実績馬が走りやすいのです。 15年は6番人気で勝利したキタサンブラックと9番人気2着のミュゼエイリアンが芝1800メートル重賞勝ち馬。 10番人気3着ジュンツバサと14番人気4着ウイングチップが前走芝1800メートルの条件戦勝ち馬でした。 16年は1着ディーマジェスティと2着ゼーヴィントが芝1800メートル重賞勝ち馬で、3着プロディガルサンは芝1800メートル重賞2着の実績があった馬。 17年は勝ったミッキースワローが前走芝1800メートルの1000万条件で3着。 2着アルアインが芝1800メートル重賞勝ち馬。 3着サトノクロニクルは芝1800メートルのオープン特別勝ち馬でした。 今年の出走予定馬では、ニシノデイジーが芝1800メートル重賞勝ち馬。 母父アグネスタキオンは母父がボールドルーラー系種牡馬で、セントライト記念勝ち馬も出しています。 タガノディアマンテは、連対実績があるのは芝1800メートルのみ。 芝1800メートル重賞でも2着の実績がある 非根幹距離巧者です。 父がオルフェーヴルで母系にトニービン。 古馬になって本格化する血統で、春からの上昇も見込めます。 ザダルの父トーセンラーは、芝1800メートルと芝2200メートルの重賞を勝っている非根幹距離巧者。 母父は米国型のレモンドロップキッド。 その母父はボールドルーラー系のシアトルスルーで、ボールドルーラー系が走りやすいこの重賞は得意な血統です。 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。 k-beam. com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。 コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。

次の