ロバート デニーロ 映画。 ロバートデニーロの映画おすすめランキング65選【2020最新版】

大ヒット映画『マイ・インターン』、一度もキレないロバート・デ・ニーロに「可愛すぎる」「まじタイプ」と絶賛の声

ロバート デニーロ 映画

アメリカ、ペンシルヴェニア州の鉄鋼の町に住むマイケルは、仲間とともにベトナム戦争に出征することになる。 壮行会となるパーティや鹿狩り(ディア・ハンター)という日常風景が一変。 ベトナムでのドロ沼の苦境から、あの有名なロシアンルーレットへとなだれ込む。 基本的には戦争映画なのだが、出征前の友情を描くシーンがことのほか長いので、観終わった後は、ヒューマンドラマとしての感動が強い。 マイケル役としてのデ・ニーロは、戦争という極限状態で狂気をちらつかせる瞬間もあるものの、強い個性の仲間を思いやる、穏やかな印象が強い。 そこに素直に共感させるところが、若きデ・ニーロの才能だ。 親友に思いをはせるラストシーンの彼の表情は忘れがたい。 アカデミー賞では作品賞など5部門受賞。 『レイジング・ブル』 製作年/1980年 監督/マーティン・スコセッシ 共演/ジョー・ペシ、キャシー・モリアーティ 体重を27kg増やした伝説的作品! 最近ではクリスチャン・ベールや、日本の鈴木亮平のように、役に合わせて極端な体重の増減に挑む俳優が増えたが、その原点といっていいのが今作のデ・ニーロだ。 すでにアカデミー賞では助演男優賞を受賞済みで、主演男優賞にも2度ノミネートされていた彼が、念願のその主演男優賞に輝いた記念すべき一作である。 デ・ニーロが演じたのは、実在のミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタ。 納得のいかない判定負け、八百長試合などを経験し、タイトルマッチで復活するも、性格が災いして破滅的人生にも導かれる。 デ・ニーロはボクサーらしい肉体を作り上げたうえに、引退後の太った姿を再現するため、なんと体重を27kgも増量。 信じがたい変貌は、いま改めて観ても驚くばかり! 全編、モノクロ(タイトルなど一部のみカラー)なのだが、その美しさは、ため息が出るほど。 生々しさに徹するボクシングのシーンも、モノクロゆえの荘厳さが漂っている。 そんな極上の映像美とともに、栄光と挫折、プライドが激しく交錯する劇的な男の運命が強烈に迫ってくる、まぎれもない傑作だ。 『ケープ・フィアー』 製作年/1991年 監督/マーティン・スコセッシ 共演/ニック・ノルティ、ジェシカ・ラング、ジュリエット・ルイス 静かなる狂気に震える! 強烈な役が多かったキャリアの初期を経て、俳優としての円熟期に入ったデ・ニーロが、再び過激な持ち味を全開にしたのが、この作品。 若い時代のような振り切った感じではなく、静かに、そして不気味に狂気を漂わせる演技に、名優の底知れぬ実力がマックスで発揮されている。 1962年の名作『恐怖の岬』のリメイク。 少女暴行の罪で14年の刑期を終えたマックスだが、自分を救えなかった弁護士への恨みが消えず、その一家に近づき、家族を崩壊させていく。 マックスは復讐のために直接、手を下すのではなく、法を犯さないレベルでじわじわと弁護士家族を支配し、彼らの心を操る。 映画を観ているこちらも、精神的な恐怖に陥っていき……というサイコスリラー。 全身タトゥーで、過剰に鍛え上げた肉体。 外見もインパクト大なうえに、相手の弱みを瞬間的に察知し、利用する動物的本能、そして人のよさそうな態度がモンスターのように豹変する瞬間と、デ・ニーロの演技はトラウマになるほどの迫力。 弁護士の娘との危険なやりとりなど、心ざわめかせるシーンが多数! 『グッド・シェパード』 製作年/2006年 製作・監督/ロバート・デ・ニーロ 共演/マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー 監督としての力量も発揮! ロバート・デ・ニーロの長いキャリアの中で、『ブロンクス物語/愛につつまれた街』に続いて2本めの監督作。 もともとフランシス・フォード・コッポラが監督する予定だったが、コッポラは製作総指揮に回り、デ・ニーロにバトンが渡された。 とはいえ、重厚かつ骨太な演出力で、監督としての手腕をきっちりと発揮。 マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリーという大スターが共演し、デ・ニーロ自身も主人公を諜報機関に誘う将軍役で登場する。 大学生のエドワードが秘密結社に参加したのをきっかけに、やがてCIAの有能な諜報員になるまでを描く。 愛する女性がいながら、友人の妹を妊娠させ、結婚するなど私生活のドラマと、世界の運命も左右する仕事の両面を、じっくりと見据えた力作。 デ・ニーロによると「実際のCIA職員が完成作を観て、納得してくれた」とお墨付きをもらったそうで、内部の裏切り者や対立する国のスパイとの攻防など、徹底してリアルだ。 メリハリのある展開で、2時間47分という長さを飽きさせない。 前者の代表格が『アイリッシュマン』での暗殺も請け負うドライバー役なら、後者は『マイ・インターン』だろう。 通販サイトの会社に、シニア・インターン制度で採用された、70歳のベン・ウィテカー役。 なかでも仕事とプライベートの両面に問題を抱える女社長ジュールズには、ベンが長い人生経験を生かした最高のアドバイスを与える。 年齢差によるカルチャー・ギャップでほっこりした笑いを届けつつ、シリアスなトラブルには冷静に、的確に対処して胸を熱くさせる。 そんなベン役で、デ・ニーロはあくまでも自然体。 ジュールズ役のアン・ハサウェイを前に、一歩引いた受けの演技には、長年のキャリアの余裕が感じられ、デ・ニーロのファンなら感動せずにはいられない。 ストーリー自体はわりと予想どおりだけれど、そうした安心感もデ・ニーロ映画としては異色。

次の

ロバート・デ・ニーロ出演のおすすめ映画18選 徹底した役作りで生まれた名演の数々!

ロバート デニーロ 映画

出典: 誰もが知るハリウッド俳優、 ロバート・デ・ニーロ。 徹底した役作りによって生み出される名演の数々は、彼が俳優であることを忘れて作品を見入ってしまうほど。 今回は、そんなロバート・デ・ニーロが出演する映画の中から、 オススメ作品8本をご紹介します。 なお、この記事で紹介する映画は、 インターネットの動画配信サービスでも配信されています。 無料トライアル中に見れば、すべて無料で見ることが出来ます。 気になる方は登録してみてください。 ロバート・デ・ニーロ主演(出演)おすすめ映画8本 早速、名優ロバート・デ・ニーロが出演する映画8本をご紹介します。 ジャンルや新しさは問わず、オススメする作品を選んでいます。 分かりやすいように番号をつていますが、オススメの順位というわけではありません。 『タクシードライバー』のあらすじ ベトナム戦争帰りの元海兵隊トラヴィス・ビックル( ロバート・デ・ニーロ)は、不眠症で悩んでいた。 彼は眠れないこと逆手にとり、ニューヨークで夜勤のタクシー運転手を始める。 ある日、彼のタクシーに幼い売春婦の少女アイリス( ジョディ・フォスター)が助けを求めて乗り込んでくる。 しかし、ポン引きのスポーツという名の男( ハーヴェイ・カイテル)に連れ戻されてしまう。 その後またアイリスを見かけたトラヴィスは、タクシーで彼女のあとをつけて観察していた。 そして彼は闇ルートから拳銃四丁を入手するのだが…。 『タクシードライバー』の見どころ 一見何を考えているか分からない、 狂気に満ちたタクシードライバー役を演じたロバート・デ・ニーロの演技に注目。 役作りのために彼は実際にニューヨークでタクシードライバーとして3週間働いたという。 ロバート・デ・ニーロがなんと部下として出演します。 アメリカでは 週末興行収入ランキングで初登場2位を記録しました。 『 マイ・インターン』のあらすじ インターネットのファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズ( アン・ハサウェイ)。 ある日、彼女の会社でシニアインターン制度として70歳のベン( ロバート・デ・ニーロ)を採用する。 若者ばかりのファッション通販会社では、浮いていたベンだが、誠実で真面目な様子に、社員はベンを慕うようになる。 一方女社長のジュールズは、ベンを嫌がり、仕事を与えず放置する。 それでもベンは仕事を見つけて誠実にこなしていくが…。 『マイ・インターン』の見どころ 社長を支えようとする ロバート・デ・ニーロの紳士的で優しすぎる名演と、若者にアドバイスするために言う 名言の数々が見どころ。 2001年の小説『ブレイン・ドラッグ』が基になった作品。 ロバート・デ・ニーロと ブラッドリー・クーパーが共演します。 『リミットレス』のあらすじ ニューヨーク在住で、作家志望のエディ・モーラ( ブラッドリー・クーパー)は、良い作品がかけないでいた。 その薬の効果は抜群で、小説を一晩で書き上げ、たちまち大ヒットする。 薬によって驚異的な頭脳を手に入れたエディは、イタリア語やピアノ、そして株取引を勉強し多額の資金を手に入れる。 株で短期的に大儲けしたことから有名になった彼は、大物投資家のカール・ヴァン・ルーン( ロバート・デ・ニーロ)に、合併話を持ちかける。 しかしこの頃から、エディの体には異変が起きていくが…。 『リミットレス』の見どころ 恋人にも振られて人生のどん底だったエディが、無敵の薬で成り上って行く様子は見ていて気分が良くなります。 物語自体はわかりやすく、しかし時には手に汗握る展開は必見。 ロバート・デ・ニーロとブラッドリー・クーパーの掛け合いにも注目です。 この作品は、非常に人気があり、続編として『ミート・ザ・ペアレンツ2』『ミート・ザ・ペアレンツ3』も公開されています。 『 ミート・ザ・ペアレンツ』のあらすじ シカゴ在住のグレッグ・フォッカー( ベン・スティラー)は、恋人パム(テリー・ポロ)との結婚を許しを請うため、パムの両親に会いに行く。 しかし、彼女の父親ジャック( ロバート・デ・ニーロ)は見るからに気難しそうな人物であった。 ジャックに気に入られようと頑張るグレッグだが、何をやってもうまく行かずトラブルノン連続でまさに踏んだり蹴ったり。 ある日、なんとジャックは元CIAであることが判明するのだが…。 『 ミート・ザ・ペアレンツ』の見どころ 堅物すぎる父親を演じるロバート・デ・ニーロと、なんとか気に入られようと奮闘するが空回りするベン・スティラーの掛け合いに注目。 何をやっても裏目に出てしまうベンの行動に、ヒヤッとしつつも爆笑できる映画です。 出演は、 ロバート・デ・ニーロ、 マイケル・ダグラス、 モーガン・フリーマン、 ケヴィン・クラインというアカデミー賞受賞経験のある豪華俳優陣。 ちょっとクセのある老人4人がラスベガスで大暴れする、ハートフルなコメディ作品です。 『 ラストベガス』のあらすじ パディ( ロバート・デ・ニーロ)、ビリー( マイケル・ダグラス)、アーチー( モーガン・フリーマン)、サム( ケヴィン・クライン)は幼馴染の親友4人組。 すでに孫を持つほどの年齢になった4人だったが、独身を貫いてきたビリーが突如32歳の女性と結婚することに。 そんなビリーが独身最後の夜のパーティーをラスベガスで行い、他の3人も久々に再開する。 しかしパディは、パディの妻の葬儀に表れなかったビリーを許しておらず、浮かない顔をしていた。 それでもアーチーがカジノで大金を稼ぎ、そのお金で派手に騒ぐうちに次第に元の中が良い4人に戻っていた。 ところが、あることをきっかけにまたビリーとパディの対立が始まる…。 『 ラストベガス』の見どころ 『 ラストベガス』の見どころはやはり豪華すぎる俳優陣です。 4人の老人のそれぞれの個性や感情、若い時との変化など、個々のキャラクターを4人の俳優が見事に演じきっており、最初から最後まで見入ってしまいます。 この作品は男二人の奇妙な友情を描いたロードムービーで、ロバート・デ・ニーロ自身もお気に入りだとか。 『ミッドナイト・ラン』のあらすじ シカゴ警察を辞めてロサンゼルスでバウンティハンター(逃げた容疑者を捕まえて賞金を稼ぐ)をしているジャック・ウォルシュ( ロバート・デ・ニーロ)。 ある日保釈金融会社からの依頼を受け、ギャングのお金を横領したジョナサン・マデューカス( チャールズ・クローディン)をロスを連れ戻す追いかける。 ニューヨークでFBI捜査官の名を騙りジョナサンをあっさりと捕まえるが、ジョナサンが飛行機を恐がったおかけで、2人で列車でトラブル続きの長旅をすることになる。 そこへ、FBIやギャングが2人を追ってくるが…。 『ミッドナイト・ラン』の見どころ 賞金のためにジョナサンを捕まえたいジャックと、なんとか逃げようとするジョナサン。 対立していた2人に絆が生まれるまでの心境を演じた2人のやり取りに注目。 見終わった後は優しい気持ちになれる作品です。 ロバート・デ・ニーロ、 ケビン・コスナー出演。 ロバート・デ・ニーロはこの映画の役作りのため、自らの毛を抜き、顔を太らせて撮影に望んだという。 『 アンタッチャブル』のあらすじ 禁酒法により酒が規制されていたシカゴ。 犯罪組織のボス、アル・カポネ( ロバート・デ・ニーロ)は、酒の密造や密輸により莫大な利益をあげ、シカゴの街を牛耳っていた。 この街に、財務省から派遣されたエリオット・ネス( ケビン・コスナー)は、アル・カポネを摘発すべく躍起となる。 しかしこの街では警察も犯罪組織に操られており、エリオットは手柄を立てられずにいた。 さらにアル・カポネの雇った殺し屋によって、犠牲者が増えていく惨状であった。 意気消沈したエリオットであったが…。 『アンタッチャブル』の見どころ アル・カポネを倒そうと力を合わせる個性豊かな面々と、アル・カポネ演じるロバート・デ・ニーロの迫力ある演技に注目。 出演は、 ロバート・デ・ニーロ、 サラ・ジェシカ・パーカー、 ザック・エフロン、 アビゲイル・ブレスリンなど豪華俳優陣。 NYのタイムズスクエアで開催される年越しイベント「 ボール・ドロップ」がテーマの作品です。 『ニューイヤーズ・イブ』のあらすじ 年を越せるか分からない状態の死にゆく老人スタン(ロバート・デ・ニーロ)、 賞金目当てに赤ちゃんを生みたい妊婦テス(ジェシカ・ビール)とグレース(サラ・ポールソン)、 何もやってもうまく行かないイングリッド(ミシェル・ファイファー)など、それぞれ問題を抱える8組の人々。 そんな人々がボールドロップが行わるニューイヤーズ・イブに様々な出来事や軌跡が訪れる。 『ニューイヤーズ・イブ』の見どころ いろんな事情を抱える8組の人々を演じる 豪華俳優陣。 この8組の話が同時に進みますが、それほど気張らず見られる作品です。 また、 ロバート・デ・ニーロが、死にゆく老人を演じます。 あまり見ることのできないロバート・デ・ニーロの弱った姿にも注目です。 記事内の映画はすべてU-NEXTで無料トライアル中 今回は8本のロバート・デ・ニーロ出演映画を紹介しましたが、 では多くのロバート・デ・ニーロ出演映画が配信されています。 この記事で紹介した映画を含め、全部で 14万本の作品が見放題です。 31日無料トライアル期間中に視聴し、 その後解約すれば一切料金がかかりません。 気になる方は、このお得なトライアルをぜひ試してみてください。

次の

ロバート・デ・ニーロ

ロバート デニーロ 映画

ロバート・デ・ニーロは、1943年8月17日生まれ、ニューヨーク出身のアメリカ人俳優・映画監督です。 両親はともに画家で、父はイタリア系とアイルランド系の血を引いています。 2歳の時に両親が離婚し、母の元で育てられました。 少年の頃から俳優に憧れを抱き、俳優養成所の名門「アクターズ・スタジオ」に通い、ヨーロッパ各国で演技修行をしていたようです。 1973年にはマーティン・スコセッシ監督の『ミーン・ストリート』に出演し、それ以来二人は映画界屈指の名コンビに。 アカデミー主演男優賞を受賞した『レイジング・ブル』など、2019年の『アイリッシュマン』までに9本もの作品でタッグを組んでいます。 これ以降、代名詞となった「デ・ニーロ・アプローチ」と呼ばれる徹底した役作りを駆使し、ギャング映画からコメディまで幅広いジャンルでその演技力を発揮しています。 本記事では、元祖カメレオン俳優ともいえるロバート・デ・ニーロが出演したおすすめ映画を厳選。 マーティン・スコセッシ監督との10度目のタッグとなる最新作の情報も合わせて紹介していきます。 2019年にNetflixで配信された『アイリッシュマン』に続き、マーティン・スコセッシ監督の最新作『キラーズ・オブ・ザ・フラワー・ムーン 原題 』にロバート・デ・ニーロが出演することが決定したようです。 しかも同じくマーティン・スコセッシ監督の盟友レオナルド・ディカプリオとの共演! 本作は、デイヴィッド・グランの『花殺し月の殺人—インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』が原作。 1920年代にアメリカ・オクラホマ州で起きた先住民族オセージ連続殺人事件の真相に迫る犯罪ノンフィクションで、事件には石油利権と人種問題が複雑に絡んでいます。 ロバート・デ・ニーロが演じるのは、「オセージ・ヒルズの王」といわれた名士であり、連続殺人鬼となるウィリアム・ヘイル。 レオナルド・ディカプリオはヘイルの甥アーネスト・ブッカートを演じます。 脚本は、ロバート・デ・ニーロ初監督作『グッド・シェパード』 2007 でも脚本を務めたエリック・ロスが担当。 撮影監督は、『アイリッシュマン』にも参加したロドリゴ・プリエトが務めます。 マーティン・スコセッシ監督によれば、撮影は2020年3月か4月スタートを目指しているようです。 ボクサーを演じた『レイジング・ブル』での体重コントロールも、いまや語り草です。 現在ではそんな彼の徹底した役作りも進化し、『アイリッシュマン』では最新の特殊効果を駆使しつつ、若者から老人まで一人の人間の人生を演じ切りました。 数々のギャング映画に出演してきたロバート・デ・ニーロでも、ここまで徹底的にその人生を演じることができれば本望かもしれません。 しかし70代でもまだまだその演技力と映画への熱意は健在!これからも代名詞の「デ・ニーロ・アプローチ」でわれわれ映画ファンを楽しませ、驚かせてくれることでしょう。

次の