法事 早見 表。 法要・法事・回忌 早見表】三回忌・七回忌・13回忌・23回忌・27回忌・33回忌

大切な故人の法要はいつ?年忌法要早見表

法事 早見 表

年回忌法要早見表とは 年回忌法要早見表とは、過去に亡くなられた方の法事が何回忌になるのかを見るために使います。 亡くなられた年を見て、該当すれば今年は法事を行う年ということです。 平成31年度 令和元年 の年回忌法要早見表 平成31年度 令和元年 年回忌法要早見表 年忌 亡くなられた年 1周忌 平成30年 2018年 3回忌 平成29年 2017年 7回忌 平成25年 2013年 13回忌 平成19年 2007年 17回忌 平成15年 2003年 23回忌 平成9年 1997年 25回忌 平成7年 1995年 27回忌 平成5年 1993年 33回忌 昭和62年 1987年 37回忌 昭和58年 1983年 50回忌 昭和45年 1970年 100回忌 大正9年 1920年 令和2年度の年回忌法要早見表 令和2年度 年回忌法要早見表 年忌 亡くなられた年 1周忌 平成31年 2019年 令和元年 3回忌 平成30年 2018年 7回忌 平成26年 2014年 13回忌 平成20年 2008年 17回忌 平成16年 2004年 23回忌 平成10年 1998年 25回忌 平成8年 1996年 27回忌 平成6年 1994年 33回忌 昭和63年 1988年 37回忌 昭和59年 1984年 50回忌 昭和46年 1971年 100回忌 大正10年 1921年 亡き人のために何かして差し上げたいと思ったら、供養が一番です、供養という意味ではが定番ですが、都会暮らしの方にとっては、親族を呼んでの法事という機会が少なくなりました。 呼ぶべき親族がいないのですから、仕方ありません。 最近は身内の物だけで、しかもお寺に出向いて読経してもらうという法事 上げ法事 が増えています。 見栄を張ることなく、無理することなく、故人様を偲び、供養を届けることは、故人様にとっても、私達にとっても大切なことです。 回忌の基本的な考え方• 1周忌だけは1回忌と言いません• 1周忌が過ぎましたら、後は3と7の数字が続きます• 23回忌と27回忌の間をとって25回忌ということがあります。 23回忌と27回忌はしない• 近年は33回忌で終わりということが増えてきました 37回忌はしない• 50回忌は一昔前までは普通に行われていました• 100回忌は子孫がそれだけ続いているということを祝うという意味合いもあります とても便利な早見表-平成31年度版を私がデザインしてみました、よろしかったらお使いください。 は、下の画像をクリックすれば表示されますので、「名前を付けて画像を保存」してください。 は、下の画像をクリックすれば表示されますので、「名前を付けて画像を保存」してください。 亡くなってから2年間は 故人が亡くなって2年間は法事が続きますので、何回忌の法事であるかを忘れるようなことはありません。 亡くなってからの法事は• 初七日• 二七日• 三七日• 四七日• 五七日• 六七日• 四十九日 満中陰• 百か日• 1周忌 ちょうど1年• 3回忌 ちょうど2年 1周忌や3回忌はなるべく命日か命日に近い日に行います。 皆が集まりやすいように日曜日にしたりすることが多く、また、命日より遅いと忘れたと思われるので、命日よりも少しだけ早くするのが一般的です。 また、3回忌までは他のご先祖の法事と一緒にしないのが一般的です。 しかし、お寺さんによって考え方が違うこともありますので、それぞれのお寺さんに従ってください。 複数のご先祖の法事を行う時 おじいちゃんの13回忌とおばあちゃんの7回忌を一緒に行うことは可能です。 しかしちょうど同じ年にぴったりと当てはまるようなことは少ないので、どちらか早い方に合わせると良いでしょう。 例えばおばあちゃんが平成24年に亡くなっていたら、今年が7回忌の法事になりますが、おじいちゃんが平成19年に亡くなっていたとしたら、正確には今年おばあちゃんの7回忌をして、来年おじいちゃんの13回忌をすることになりますが、今年おばあちゃんの7回忌とおじいちゃんの13回忌をまとめて行うということがよく行われています。 丁寧に行うという意味では、一人一人を分けて行うべきですが、法事をするにしてもそれなりの費用と時間がかかりますし、なるべく節約してということは、世の中の流れなのかもしれません。 ご先祖様の数が多い家では場合によっては1回の法事で5体の方の法事を一緒にしたりということもあります。 また、考え方によってはおじいちゃんとおばあちゃんの仲が良かったのだから、一緒に行えば喜んでくれる、という見方もあるかもしれません。 しかし、お寺さんによって考え方が違うこともありますので、それぞれのお寺さんに従ってください。 またお布施についても何体かまとめての場合は安くしてくれる寺院もありますし、3体分の法事の場合に法事の御布施が単純に3倍になることもありますが、仮に3倍になったにしても親戚に集まってもらう手間などを考えれば安上がりということになります。 一番最後の法事は 近年は33回忌の法事で終わりとすることが増えているようですが、可能であれば例えば33回忌と50回忌、或いは100回忌が一緒に出来るのであれば、した方が良いのではないかと思います。 100回忌の法事ともなりますと、その方を知っている方がおられるということはありませんが、子孫がそれだけ長い間続いているということですから、昔から祝いの法事と言いまして、目出度いということから、タイの尾頭付きを出して祝ったようです。 本来、輪廻転生の立場からすると、人間というものは生まれ変わっていますので、法事などしても意味が無いはずなのですが、これは仏教的な考えではなくて、我々の祖先の固有の宗教観と道教、儒教などの影響を受けた、祖霊の供養ということをしているのであり、人は死んでから50年、或いは100年で家の守り神になるという信仰と結びついたからこそ法事というものがあるのです。 法事と友引 友引というものは、亡くなった方が友を引いていくという意味ではありませんので、気にする必要はありませんが、お葬式だけは皆さん縁起を担ぐということと、実際問題、斎場にもお休みが必要なので、お葬式が行われないだけの話です。 法事を行う日は、友引でも構いませんし、どんな日でも構いません。 大勢の方が集まるような法事でしたら、わざわざ休みを取らなくても済むように、土曜日、日曜日に行うのが通常です。 法事をする時期 法事をするのに適切な時期はありませんが、1周忌などの場合にはなるべく亡くなった日に近い日に設定し、33回忌ともなれば春や秋などの温かくて過ごしやすい日が好まれます。 年末年始など 法事は年末年始などの皆が忙しかったり祝ったりする時には行いません、春秋のお彼岸にはふさわしい時期として集中しますし、お盆のお寺さんが棚経で忙しい時期にも行いません。 最近では寺院の方から親切に法事の通知のハガキが来るようですけど、何か催促されているようでどうかなとは思いますが、ハガキが来ても来なくても気を付けておきたいものです。 法事を行う場所に付いて 法事をどこでするかは参加する人数や皆の都合などをよく考えてから決めます 自宅で法事を行う お寺さんを始め参加する皆さんに自宅に来てもらって行う法事で、近では自宅で法事を行うことが少なくなりましたが、地方では昔からそうしてた、これ以外に考えられないなどの理由で自宅で行いますが、自宅で法事をするメリットとしては• 親族に来てもらうので家でゆっくりしてもらいたい• 亡き人が暮らしていた場所が供養に最適• 出かけなくて済む• 皆に報告したいことがある• ホールなどの費用が不要• お墓参りに歩いて行ける デメリットとしては• 片付けが大変である• 全ての手配を自分でする必要がある• お手伝いの人が必要• 駐車場の場所に困る• 物が壊れたり無くなったりすることがある• くつろぎ過ぎて寝る人が居る• なかなか帰らない人が居る 特に地方では家の近くにお墓があって歩いて行けるので、法事の後にお墓参りをして、その後に食事をするということが多く、法事の時には隣近所の人が総出で手伝ってくれるという助け合いの精神が根付いていますので、良き習慣ではありますが、近所の人が家の中の事情まで知っていますので、何か変わったことがあればよからぬ噂を立てられるということもあるのです。 ホールで法事を行う お寺さんにも参加する皆さんにもホールに来てもらって行う法事で、位牌と写真をホールに持って行きます。 葬儀社や仕出し屋、宴会場などの貸しホールを借りて法事やお墓参り、食事、手土産まで全て手配してもらいますので、大変に楽であり、駐車場などの心配をすることなく、マイクロバスでの送り迎えがあったりしますので、費用はかかりますが、サービスが苦手な人でも従業員がサービスしてくれますので失敗が無くて無難で安心というところです。 メリットとしては• 自宅を片付ける必要がない• 駐車場の心配が無い• マイクロバスで送迎してくれる• 食事や土産物まで手配してくれる• 応対がプロである デメリットとしては• それなりの費用が掛かります• 余計なサービスが付いていたりする 寺院で法事を行う 位牌と写真を持ってお寺さんに上がって行う法事で、寺院で上がって法事をするので上げ法事と言うようです。 少人数で法事をして食事もしないことが多いので、皆を呼んで食事も付けての本格的な法事ではなくて、例えば法事をするのを忘れていたなどの場合にも上げ法事で済ませることが多いです。 お寺に付属する墓地を利用している場合にはお寺で法事をしてすぐにお墓参りに行けますのでとても便利です。 最近では葬儀会館を備えた寺院もあり、ホールの役目を担っている所がありますので、こういった場合にはホールで行う法事と同じです。 メリットとしては• 短時間で済ませられる• 祭壇の準備などしなくて良い• 寺院だから雰囲気が有難い• お寺参りも出来る デメリットとしては• 少し慌ただしいかもしれない 法事は利他行の実践である 法事は追善供養 ついぜんくよう とも言いまして、亡き人にこちらの世界より功徳を積んで送り届けるという役割があり、亡き人のために行うものなのです。 自分のために行うのではなくて、亡き人のために行う利他行の実践なのです。 亡き人に功徳を届ける 亡き人は肉体から魂が離脱してあの世に旅立ち、慣れ親しんだ肉体は焼却されて骨になってしまったので、もうこちらの世界に戻ってきて生身の体を取り戻して生きていくということは出来ません。 あの世の世界では亡き人の現世での罪を裁かれて、次の世界への道筋が決まっていくのです。 仏法では自らの罪は自ら背負う「自業自得」が大原則であり、他の者が肩代わりすることが出来ません。 そして現世での善悪の行いは命を終えた時点で決定します。 最終的に亡き人の善悪の比重がどうなるかは、誰も動かすことが出来ないのです。 私達人間は誰しも良いこともするけれど、悪い事をする方がむしろ多いようなもので、もしあの世に行ったとして、現世での行いを善悪を秤にかけたとしたら、恐らく誰もが悪の方が重いのではないでしょうか。 こういう時に子孫の者達が追善供養をしてくれて、功徳を自分に届けてくれたら、どんなに嬉しいことでしょう。 この世からあの世に何か届けてあげようと思っても、目の前にあるような物は何も届けることは出来ませんが、功徳という目に見えないものだけは届けることが出来るのです。 亡き人に遺品を届けてあげたい時には… 目に見えないものだからこそ届けられる 追善供養の功徳とは、亡き人に対して「どうかあの世の世界でも良い世界に行けますように、そして私達がお送りする功徳が届きますように」との願いが込められているのです。 神仏の世界や先祖の世界が元々私達の目には見えないもので成り立っているからこそ、目に見えないものを届けることが大切なのです。 しかし神仏の世界や先祖の世界が私達から見えないのは、私達の心の目が曇っているのであって、本来は見えているはずなのです。 功徳を届けるだけ 功徳というものは、見返りを期待しては功徳では無くなってしまいます。 「ただ差し上げるだけ」が本当の功徳であり、何かをしたから何かをください、というのは功徳ではありません。 自分が成した行いが本当に他を思うだけの利他業の実践であれば、最終的には自分も徳を積ませて頂いているものです。 くれと言って貰うものではなくて、気が付いたら頂いていたというものなのです。 それが法事であり、先祖供養であり、追善供養なのです。 報恩謝徳 報恩謝徳とは、その徳に感謝して受けた恩に対して自分のできる限りのことをしようという気持ちのことです。 四恩について 私達は自分一人の力だけで生きている訳ではありません、「大乗本生心地観経」では、父母の恩・衆生(社会)の恩・国王(国家)の恩・三宝(仏・法・僧)の恩の四恩を説き、弘法大師空海もこの四恩の大切さを説いています。 父母の恩 父母とは文字通り父母、自分の両親のことであり、命を授けて下さった方です。 父母が居なければ私達は生まれてくることは出来ませんでした。 衆生の恩 衆生とは周りの社会を支えている人達のことで、買い物するにも然り、電車に乗るにも然り、私達が便利で快適な生活が出来るのも、社会を支えている周りの人達のおかげなのです。 国王の恩 私達は今この平和な日本に生まれて来たことを心の底から感謝しなければいけません。 世界中を見渡せば、戦争や紛争の絶えない国や、民衆が貧困にあえぐ国、自由の無い国などがあり、自由で平和な国に生まれてくるなんて、類まれなことなのです。 国王、国家のおかげなのです。 三宝の恩 三宝とは仏法僧のことで、仏とその仏が説く法と、そしてその方を伝える僧がいて初めて真実の法は広まっていくのです。 真実の法は迷い多き私達に真の幸福を教えてくれるものであり、私達は仏法僧のご縁が無いと真の幸福には近づいていけないのです。 四恩に感謝の先祖供養 父母に感謝することは、亡き父母に感謝することであり、ご先祖様に感謝することと同じです。 何回忌と決まった法事はその時で終わりですが、基本としては毎日行う先祖供養が感謝の気持ちを表す行動なのです。 自分で出来る先祖供養 仏壇や祭壇にお線香やお茶湯を上げたり手を合わせて礼拝したり、読経したりすることが供養です。 出来ましたら毎朝決まった時間に行い、毎日の習慣にしたいものです。 寺院での先祖供養 寺院に出向いて先祖供養をお願いします。 位牌や過去帳があれば持って行きます。 ~回忌の法事では無くて「先祖供養」の旨伝えましょう。 でも先祖供養していますので、お気軽にご利用くださいませ。 高野山真言宗やすらか庵特別企画•

次の

法事年回表

法事 早見 表

法事の回忌はいつまでやればいいのか? 法事には、初七日、四十九日(忌明け法要)といった故人の命日から数えて1年以内に行う法事があります。 仏教の教えでは、故人は死後七週間、あの世とこの世の間をさまよっているとされています。 この七週間=四十九日間を「中陰 ちゅういん 」と呼び、閻魔大王たち十王から、生前の行いに対する裁き(審判)を受け、四十九日目で来世での行き先が決まる、と言われています。 以降法事は、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌と続きます。 三十三回忌で故人は菩薩の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となるのが仏教の教えです。 さらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌か五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとするのが仏教の作法です。 現在では三十三回忌をもって「弔い上げ」とするのが主流のようです。 ちなみに、三十三忌とは満32年目を指します。 「法事の回忌はいつまでやればいいのか?」という疑問についてですが、地域の慣習、しきたりや菩提寺の考えによりますが、基本的には法事の回忌を執り行うご家族様の考え方次第です。 三回忌で「弔い上げ」とされる場合もありますし、五十回忌まで執り行う場合もあります。 先述の通り、仏教では、三十三回忌で故人はご先祖さまたちの仲間入りをすると言われています。 しかし、最近では三十年以上経てば法事を執り行う世代、集まってくれる人たちが変わってしまうという考え方もあり、基本的にはご家族と菩提寺で相談されるのがよいでしょう。 法事のお布施の書き方 法事の後、謝礼としてお寺、お坊さんに「お布施」を渡します。 お布施は、仏教のしきたりのひとつで法事(供養)への感謝や、法事を執り行ってくれたお寺への援助などとして渡すお金のことです。 財を施すことから「財施」とも言われます。 渡す金額については、地域、お寺の習慣、法事の規模・内容により様々です。 あくまでも参考、目安ですが、 祥月命日法事:5,000円~1万円 四十九日:3万円~5万円 一周忌:3万円~5万円 三回忌以降:1万円~5万円 とされています。 お布施を包む表書きは普通の黒墨で書きます。 御霊前などの不祝儀袋は薄墨で書くのがマナーとされていますが、お布施は黒墨で構いません。 書き方は、一般に「御布施」「お布施」と書きます。 または、何も書かずに空白でもよいケースもあります。 中袋の裏側の左側に住所・氏名、右側(または表面の中央)に金額を記入して下さい。 金額の頭に「金」と書き、金額は漢数字で、しかも旧字体で書く事が丁寧なマナーとされています。 例として「金:壱萬円」 といった書き方になります。

次の

年忌法要早見表》浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・真宗

法事 早見 表

1.法要はいつまで?・法事はいつまで? 一般的には七回忌の頃から法要の規模を小さくし、遺族(および親族)だけで供養するようになります。 その先は宗派や地方によって異なりますが、 三十三回忌または五十回忌で弔い上げとなります。 通常は三十三回忌までとされることが多いようです(仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くとされていることから、三十三回忌を弔い上げとすることが多いようです)。 例えば、真宗では五十回忌、百回忌もすることがあるようです。 また、地方によっても五十回忌まで行う地方があります。 別の言い方では、弔いじまいともいいます。 一般的には三十三回忌または五十回忌とされます。 これ以降は法要をしなくなります。 弔い上げのあとはどうする? 弔い上げを終えると、仏壇の位牌の中から弔い上げが済んだ故人の戒名のものを片付け、その家の先祖代々の位牌(先祖位牌)だけとなります。 弔い上げの作法は宗派によって異なりますので詳しくは弔い上げを迎える前にお寺に相談しましょう。 (例えば、これを機に新しく先祖位牌を作った場合には「入魂」をして頂き、不要になった個人の位牌はお焚き上げをして頂くほか、宗派によっては先祖位牌ではなく「繰り出し位牌」に移すなど、さまざまな作法があります。 この日を弔い上げとする場合にも遺族だけで供養するのが一般的。 20年めがひとつのめやすとされます。 [プロテスタント]…プロテスタントでは、1年、3年、7年めの昇天記念日に「記念集会」「記念式」などを行います。 これ以降は10年めの区切りのときなどに記念集会、記念式を行ったりします。 はっきりとした決まりはありませんが、10年目が区切りのひとつの目安となります。 神道では仏教とは年数の数え方が異なり、数えではなく満10年めの命日が十年祭です。 これ以降は十年ごとに儀式が行われます。 (一応のめやすは「五十年祭」までとされます。 ただし、十年祭までを区切りとし、十年祭で終わるケースもあるようです。

次の